JKJO 全日本 注目大会

JKJO全日本ジュニア2018レポート。福田汐音がMVPを獲得。【10.8 千葉=JKJO全日本ジュニア 結果】

 

「第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」

開催日;2018年10月8日(月・祝)
主 催;一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会
会 場;幕張メッセ・幕張イベントホール
後 援;JKJO全日本空手審判機構

 

ジュニア空手国内最高峰の大会、JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会が10月8日(月・祝)に幕張メッセ(千葉県)で開催された。全国各地の厳しい予選を勝ち抜いた精鋭たちによる年に一度の大舞台。この大会を目標に掲げるジュニア選手は多く、今年も数多くのドラマが生まれた。

今大会の最優秀選手に送られる、文部科学大臣賞を受賞したのは神奈川県の福田汐音(日本大学高等学校)であった。福田は強豪揃いでもっとも過酷なトーナメントになると予想された高校男子60kg未満の部に出場した。福田は準々決勝で兵庫県の福井雄基(兵庫県立尼崎西高等学校)を下し、続く準決勝では昨年、中学王者で優勝候補の笹裏健士朗(関西大学高等部)を破り、勝ち上がってきた北海道代表の佐久間健全(東海大学付属札幌高校)と対戦。ここもクリアし、決勝戦では武神ALL JAPAN CUPなどで優勝経験のある愛知県の強豪、吉岡魁羅(名古屋工業高等学校)と対戦し、延長戦の末に下した。

大石昌輝、大石航輝といった名選手が獲得してきた文部科学大臣賞。今後の福田の活躍に注目が集まる。

 

過去の文部科学大臣賞(最優秀選手賞)一覧はこちら

 

2011 大石 昌輝 埼玉県
2012 大石 航輝 静岡県
2013 大石 航輝 静岡県
2014 郷 遼久 千葉県
2015 寺田 耐 宮崎県
2016 鎌田 槙 神奈川県
2017 髙倉 琉斗 北海道
2018 福田汐音 神奈川県

 

 

【JKJO小学生男子】村上雄哉と日比琉聖が3連覇達成。【10.8 千葉】

【JKJO小学生女子】曽根勝沙也香が3連覇達成。岩永唯伽は4度目の優勝。【10.8 千葉】

【JKJO中学男子】規格外の怪物中学生、野田勇気がJKJO全日本4連覇達成【10.8 千葉】

【JKJO中学女子】千保七海が2連覇達成。女子中学生カラテ日本一決定戦。【10.8 千葉】

【JKJO高校男子】波乱続出の空手甲子園。福田汐音、金森悠成、小林斗樹於が全国制覇【10.8 千葉】

【JKJO高校女子】日本最強女子高生決定戦。和田靜里奈、石野まこと、赤星陽愛が全国制覇。【10.8 千葉】

 

目次

幼児・小学生男子結果

【JKJO小学生男子】村上雄哉と日比琉聖が3連覇達成。【10.8 千葉】

 

幼児男子の部 橋本 龍之介(兵庫県)

優勝:橋本 龍之介(兵庫県)※初優勝

準優勝:本田 薫平(神奈川県)

第三位:冨山 莉玖羽(神奈川県)

河合 琉月(愛知県)

 

小学1年男子の部 酒井 陽向(愛知県)

優勝:酒井 陽向(愛知県)※初優勝

準優勝:齋藤 歩斗(静岡県)

第三位:岡本 東真(東京都)

橋本 一毅(大阪府)

ベスト8:長岡 龍信(北海道)

松本 常(茨城県)

白川 啓樹(大阪府)

川村大和(山口県)

 

小学2年男子の部 村上 雄哉(大阪府)

優勝:村上 雄哉(大阪府)※三連覇達成(3度目の優勝。第10回・第11回)

準優勝:冨山 莉王(神奈川県)

第三位:中西 啓太(愛知県)

壁 悠之助(石川県)

ベスト8:桑野 瑠(香川県)

角 颯人(愛知県)

丸茂 拓登(愛知県)

湯川 芽生(福岡県)

 

小学3年男子27Kg未満の部 小林 颯良(大阪府)

優勝:小林 颯良(大阪府)※初優勝

準優勝:谷口 遼磨(大阪府)

第三位:冨田 魁夢(大阪府)

山本 心温(静岡県)

ベスト8:沖野 修大(愛知県)

平林 新舵(愛知県)

田中 智士(岐阜県)

夏目 玲皇(愛知県)

 

小学3年男子27Kg以上の部 祖父江 海斗(愛知県)

優勝:祖父江 海斗(愛知県)※初優勝

準優勝:池田 虎羽(石川県)

第三位:吹上 優天(静岡県)、南方 海至人(大阪府)

ベスト8:夏山 李空(大阪府)

大野 愛善(神奈川県)

足立 航太郎 (滋賀県)

大嶋 隆太郎(岡山県)

 

 

小学4年男子30Kg未満の部 正木 翔夢(愛知県)

優勝:正木 翔夢(愛知県)※初優勝

準優勝:鈴木 陽太(愛知県)

第三位:京口 総勝(大阪府)

和田 凜太郎(埼玉県)

ベスト8:辻 獅童(愛知県)

奥山 瑠斗(岐阜県)

大野 朔多郎(富山県)

田中 琉樹(愛知県)

 

小学4年男子30Kg以上の部 浦山 竜精(石川県)

優勝:浦山 竜精(石川県)※初優勝

準優勝:藤田 琉樺(石川県)

第三位:菊田 真翔(富山県)

本杉 一颯(愛知県)

ベスト8:丸茂 雄太(愛知県)

武田 大輝(岡山県)

工藤 蓮(愛知県)

上岡 遙人(栃木県)

 

小学5年男子35Kg未満の部 日比 琉聖(岐阜県)

優勝:日比 琉聖(岐阜県)※三連覇達成(3度目の優勝。第10回・第11回)

準優勝:加藤 宥希(愛知県)

第三位:酒井 暖(愛知県)、北村 蓮斗(愛知県)

ベスト8:小野寺 龍亮(北海道)

冨山 未来斗(神奈川県)

利根川 世道(富山県)

湯桶 勇成(山口県)

 

小学5年男子35Kg以上の部 川口 一護(石川県)

優勝:川口 一護(石川県)※初優勝

準優勝:山内 竜徳(愛知県)

第三位:日原 愛弥(広島県)

谷口 一哉(埼玉県)

ベスト8:山中 一成(東京都)

松田 流誠(岐阜県)

阿部 秀星(兵庫県)

中西 亮太(愛知県)

 

小学6年男子40㎏未満の部 岡田 凌平(愛知県)

優勝:岡田 凌平(愛知県)※二連覇達成(3度目の優勝。第6回・第11回)

準優勝:白木 礼音(福岡県)

第三位:千賀 理一朗(愛知県)

林 諒芽(愛知県)

ベスト8:大城 亜舟(福岡県)

田淵 海(愛知県)

渡辺 龍輝(石川県)

八田 銀琉(岐阜県)

 

小学6年男子40㎏以上の部 田中 杜和(愛知県)

優勝:田中 杜和(愛知県)※初優勝

準優勝:池田 龍羽(石川県)

第三位:今別府 幸音(愛知県)

吉田 暖(三重県)

ベスト8:都築 拓辰(愛知県)

杉本 了治(愛知県)

佐藤 誠真(愛知県)

小川 惺也(愛知県)

 

 

幼児・小学生女子結果

【JKJO小学生女子】曽根勝沙也香が3連覇達成。岩永唯伽は4度目の優勝。【10.8 千葉】

 

幼児女子の部 福田 陽菜(愛知県)

優勝:福田 陽菜(愛知県)※初優勝

準優勝:小岩井 咲音(埼玉県)

第三位:兵庫 歩香(大阪府)

麻野 凛(大阪府)

 

小学1年女子の部 吉田谷 蘭(愛知県)

優勝:吉田谷 蘭(愛知県)※初優勝

準優勝:若林 藍(京都府)

第三位:中島 愛香(愛知県)

外川 よつば(青森県)

 

小学2年女子の部 松田 留禾(埼玉県)

優勝: 松田 留禾(埼玉県)※初優勝

準優勝: 山田 天 (佐賀県)

第三位: 鰐部 比奈子(愛知県)

堺 花帆(石川県)

ベスト8:松本 姫芽(滋賀県)

鈴木 萌唯(愛知県)

平野 海光(愛知県)

大澤 柚月(岐阜県)

 

小学3年女子の部 廣嶋 美里愛(京都府)

優勝:廣嶋 美里愛(京都府)※初優勝

準優勝:吉田 利々菜(岐阜県)

第三位:中島 悠香(愛知県)

上野 来実(北海道)

ベスト8:林 くる未(石川県)

本田 夏(神奈川県)

藤野 姫安(石川県)

釘宮 咲千華(大分県)

 

 

小学4年女子30Kg未満の部 酒井 希羽(愛知県)

優勝:酒井 希羽(愛知県)※第10回大会以来2度目

準優勝:髙橋 苺愛(静岡県)

第三位:安田 四季(埼玉県)

今別府 恋音(愛知県)

 

小学4年女子30Kg以上の部 小池 咲代(岐阜県)

優勝:小池 咲代(岐阜県)※初優勝

準優勝:島袋 浬瑞(沖縄県)

第三位:酒井 穂果(京都府)

吹野 珠愛(千葉県)

 

 

小学5年女子35Kg未満の部 岩永 唯伽(岐阜県)

優勝:岩永 唯伽(岐阜県)※第9回大会以来4度目(第7回・第8回・第9回)

準優勝:水谷 藍(愛知県)

第三位:秦 愛穂(大阪府)

山﨑 葵(石川県)

ベスト8:島田 彩雅(愛知県)

加木 美咲(東京都)

加藤 陽彩(愛知県)

岩崎 純菜(栃木県)

 

小学5年女子35Kg以上の部 曽根勝 沙也香(香川県)

優勝:曽根勝 沙也香(香川県)※三連覇達成(3度目の優勝。第10回・第11回)

準優勝:岩口 紗藍(愛知県)

第三位:斎藤 絆菜(神奈川県)

佐藤 夢玲(北海道)

 

小学6年女子40㎏未満の部 水上 莉愛(石川県)

優勝:水上 莉愛(石川県)※二連覇達成(3度目の優勝。第9回・第11回)

準優勝:佐藤 愛夏(神奈川県)

第三位:富岡 葉琉(静岡県)、木村 優香(埼玉県)

ベスト8:清水 由埜(滋賀県)

能澤 誠美(石川県)

井上 陽乙菜(和歌山県)

平山 寧々(愛知県)

 

小学6年女子40㎏以上の部 成田 薫実(愛知県)

優勝:成田 薫実(愛知県)※二連覇達成(2度目の優勝。第11回)

準優勝:物江 凛(福島県)

第三位:壽崎 羽純(福岡県)、岩口 花凛(愛知県)

 

 

 

 

 

中学男子結果

 

【JKJO中学男子】規格外の怪物中学生、野田勇気がJKJO全日本4連覇達成【10.8 千葉】

 

中学1年男子42kg未満 濱 太樹(滋賀県)

 

 

優勝:濱 太樹(滋賀県)※初優勝

準優勝:土田 翔生(石川県)

第三位:植松 右京(大阪府)

藤原 司(大阪府)

ベスト8:

宮之原 昌哉(神奈川県)

石澤 歩武(北海道)

澤津 秀亮 (広島県)

由井 嶺海(長野県)

 

中学1年男子52kg未満 木田 彪吾(三重県)

 

 

優勝:木田 彪吾(三重県)※初優勝

準優勝:小此内 捺芽(石川県)

第三位:田中 基貴(神奈川県)

田中 梗介(三重県)

ベスト8:

飯尾 梨頭夢(静岡県)

藤江 礼(福岡県)

橋本 楓汰(三重県)

村尾 彪龍(岐阜県)

 

 

中学1年男子52kg以上 野田 勇気(愛知県)

 

 

優勝:野田 勇気(愛知県)※四連覇達成(4度目の優勝。第9回・第10回・第11回)

準優勝:有村 洸輝(大阪府)

第三位:小島 覇央(福岡県)

坂井 翔太(愛知県)

ベスト8:

清水 怜央(神奈川県)

池山 京太郎(京都府)

佐藤 吏(北海道)

中山 睦稀(愛知県)

 

中学2〜3年男子47kg未満 三家 龍之介(滋賀県)

 

 

優勝:三家 龍之介(滋賀県)※初優勝

準優勝:松本 天志(石川県)

第三位:石川 笑心太(三重県)

岩永 勝亮(岐阜県)

ベスト8:

今村 竜貴(石川県)

平川 翔大(神奈川県)

田中 大翔(愛知県)

本郷 海琉(宮城県)

 

中学2〜3年男子57kg未満 髙橋 大空(静岡県)

 

 

優勝:髙橋 大空(静岡県)※第8回大会以来2度目

準優勝:村田 健悟(大阪府)

第三位:奥村 爽史(石川県)

安井 颯一(愛知県)

ベスト8:

鈴木 択実(愛知県)

小川 翔央(三重県)

堤 響羽(北海道)

眞鍋 貫太朗(岡山県)

 

 

 

中学2〜3年男子57kg以上 優勝:河合 透吾(北海道)

 

 

優勝:河合 透吾(北海道)※初優勝

準優勝:平山 慶(大阪府)

第三位:花岡 拓海(神奈川県)

小寺 啓(兵庫県)

ベスト8:

原田 柊希(熊本県)

森口 魁斗(富山県)

八代 泰一(宮崎県)

熱田 拓(千葉県)

 

中学女子結果

 

【JKJO中学女子】千保七海が2連覇達成。女子中学生カラテ日本一決定戦。【10.8 千葉】

 

中学1年女子43kg未満 森重 ひより(愛知県)

 

優勝:森重 ひより(愛知県)※初優勝

準優勝:溝上 華(大阪府)

第三位:岡島 さくら(大阪府)

福田 凜愛(東京都)

 

 

中学1年女子43kg以上 千保 七海(愛知県)

 

 

優勝:千保 七海(愛知県)※二連覇達成(2度目の優勝。第11回)

準優勝:上田 愛琉(滋賀県)

第三位:真田 美桜(石川県)

安達 星奈(三重県)

ベスト8:

正木 心春(愛知県)

小野 紫菜(広島県)

山﨑 美海(大阪府)

三上 千晴(東京都)

 

 

中学2〜3年女子43kg未満 小寺 もとこ(兵庫県)

 

 

優勝:小寺 もとこ(兵庫県)※第10回大会以来2度目

準優勝:筒井 ふたば(石川県)

第三位:山瀬 茉緒(石川県)

井上 奈々(福岡県)

 

 

中学2〜3年女子50kg未満 桂 亜衣(愛知県)

 

 

優勝:桂 亜衣(愛知県)※初優勝

準優勝:寺崎 裕遊(石川県)

第三位:新田 小粋(石川県)

山﨑 星蘭(静岡県)

 

 

中学2〜3年女子50kg以上 渡辺 小春(石川県)

 

 

優勝:渡辺 小春(石川県)※初優勝

準優勝:藤田 咲嬉(大阪府)

第三位:小林 由依菜(愛知県)

石綿 千乃(埼玉県)

ベスト8:

上野 耀子(栃木県)

久野 妃美香(愛知県)

本田 志帆(神奈川県)

春山 華(神奈川県)

 

 

高校男子

【JKJO高校男子】波乱続出の空手甲子園。福田汐音、金森悠成、小林斗樹於が全国制覇【10.8 千葉】

 

高校男子60kg未満 福田 汐音(神奈川県)

 

 

優勝福田 汐音(神奈川県)※初優勝

準優勝:吉岡 魁羅(愛知県)

第三位:佐久間 健全(北海道)

髙倉 琉斗(北海道)

ベスト8:笹裏 健士朗(兵庫県)

福井 雄基(兵庫県)

樋富 柊斗(京都府)

宗片 博太郎(北海道)

 

 

高校男子70kg未満 金森 悠成(大阪府)

 

 

優勝:金森 悠成(大阪府)※第10回来会以来2度目

準優勝:山下 駿(愛知県)

第三位:齋藤 彗斗(北海道)

神谷 定(岐阜県)

高校男子70kg以上 小林 斗樹於(新潟県)

 

 

優勝:小林 斗樹於(新潟県)※初優勝

準優勝:瀬戸 壱成(石川県)

第三位:吉岡 夕馬(東京都)

三澤 心大(北海道)

 

高校女子

【JKJO高校女子】日本最強女子高生決定戦。和田靜里奈、石野まこと、赤星陽愛が全国制覇。【10.8 千葉】

 

高校女子48kg未満 和田 靜里奈(大阪府)

 

優勝:和田 靜里奈(大阪府)※初優勝

準優勝:酒井 琉翔(京都府)

第三位:浜田 友里子(埼玉県)

川下 楓夏(兵庫県)

 

高校女子55kg未満 石野 まこと(京都府)

 

 

優勝:石野 まこと(京都府)※初優勝

準優勝:児玉 亜瑞(大阪府)

第三位:續木 野々花(福岡県)

秋田 梨沙(福島県)

 

高校女子55kg以上 赤星 陽愛(大阪府)

 

 

優勝:赤星 陽愛(大阪府)※初優勝

準優勝:宮崎 美月(愛知県)

第三位:脇上 さくら(三重県)

本田 ななか(福岡県)

 

【JKJO高校男子】波乱続出の空手甲子園。福田汐音、金森悠成、小林斗樹於が全国制覇【10.8 千葉】

 

【JKJO高校女子】日本最強女子高生決定戦。和田靜里奈、石野まこと、赤星陽愛が全国制覇。【10.8 千葉】

 

 

【JKJO中学男子】規格外の怪物中学生、野田勇気がJKJO全日本4連覇達成【10.8 千葉】

 

【JKJO中学女子】千保七海が2連覇達成。女子中学生カラテ日本一決定戦。【10.8 千葉】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-JKJO, 全日本, 注目大会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ