KWU

世界が注目する舞台!KWUとは一体なんだ!?極真空手の新たな世界【団体概要・KWU(極真世界連合)】

 

 

 

「極真空手」

当時、主流であった「寸止め」の空手に対し、異論を唱えた大山倍達氏によって、創設された空手である。漫画「空手バカ一代」や映画「地上最強のカラテ」などのヒットを皮切りに多くのファンを獲得。現在も多くの人々にとって愛されている格闘技である。

大山倍達氏の死後、後継者を巡り、残念ながら極真会館は分裂。今なお、自らの理想とする「極真空手道」を求める者たちによる独立、そして分裂という流れは続いており、団体は縮小している。

それと同時に最近では縮小した団体同士による連合体、連盟ができることも多く、それを代表するのがJFKO(全日本フルコンタクト空手道連盟)である。

このJFKOのような流れが海外では一足先に行われており、それを代表するのがKWU(極真ワールドユニオン)である。

今回はKWUについて発足の経緯や、歴史、大会などを紹介する。

 

世界一華やかな極真空手世界大会!?

 

こちらは2017年12月に行われた第3回KWU世界大会(ロシア=エカテリンブルク)の様子である。

 

↓開会式の様子。まるでオリンピックのような華やかさである。

 

↓こちらは決勝戦の選手入場シーン。

豪華な極真ロゴをバックに歩むアレクサンダー・コマノフ(ブルガリア)。

花道はどこか日本の橋を意識したような作りとなっている。

 

↓会場に設置された大きなモニターに選手の情報が顔写真とともに表示される。

 

↓いくつもの照明が使われており、世界大会の決勝にふさわしい華やかな「舞台」である

 

決勝戦終了後、本部席で称えらる両選手。

第3回大会では日本からは盧山初雄氏(極真館館長)が招待された。

 

 

ロシアの副首相が発起人!?KWUはどのような流れで発足されたのか

 

KWUとは、Kyokushin World Union(極真世界連合)の頭文字をとった略称である。

2020年開催の東京五輪において「極真空手」を正式種目とすることを目的として、201110月に登録された組織。当時、ロシア大統領補佐官であったユーリ・トルトネフ氏(現ロシア副首相)の呼びかけによりスイスで正式に登録された。

また、フルコンタクト空手部門としてWKF(世界空手道連盟)に認められた唯一の組織である。

 

名称:Kyokushin World Union(極真世界連合)

通称;KWU

創設;2011年

 

AKP(ロシア極真統一組織)IFK(国際極真連盟)KWF(極真世界連盟)、盧山初雄率いる極真館などが加盟している。いくつかの連盟の連合体がKWUである。

 

 

2015年の第2回世界大会では新極真会からも選手が派遣された

通常、国内において新極真会の選手が新極真会以外の大会に出場することはほとんどないが、2015年にKWUと新極真会が提携するということを発表。実際、2015年10月にロシア(ハバロフスク)で開催された第2回KWU世界大会では、日本から選手が派遣された。また、同年11月に日本で開催された新極真会4年に1度のビッグイベント「第11回全世界空手道選手権大会」においても、反対にKWUから選手が派遣された。

 

 

これまでにKWU世界大会で優勝した日本人は2名

2年に1度開催されているKWU世界大会。海外で開催されているが、日本代表選手は好成績を収めている。

 

2015年 KWU世界大会(男子-75kg級)優勝 緑強志(新極真会)

父・緑健児氏(第5回全世界大会優勝)が見守る中での載冠。史上初の親子での極真世界王者誕生となった。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)

 

2015年 KWU世界大会(男子-70kg級)優勝 岩澤寿英(極真館)

2013年の世界大会では準優勝に終わっていた岩澤だったが、決勝戦でも技ありを奪うなどの充実ぶりで戴冠。

画像に含まれている可能性があるもの:4人

 

その他の日本人選手の成績はこちら

2013年 第1回KWU世界大会(ブルガリア・ソフィア)

準優勝

★男子 -60kg級 高橋元樹(極真館)

★男子 -70kg級 岩澤寿英(極真館)

★男子 +95kg級 藤井将貴(極真館)

第3位

★男子 -65kg級 山下康太朗(極真館)

★男子 -75kg級 若林遼(極真館)

★男子 -90kg級 藤井脩祐(極真館)

 

2015年 第2回KWU世界大会(ロシア・ハバロフスク)

準優勝

★男子 -80kg級 木下毅顕(KWF極真会館 ※武心塾)

★男子 -95kg級 清水翔希(新極真会)

★女子 -70kg級 長谷川梨佳(極真館)

第3位

★男子 -60kg級 高橋元樹(極真館)

★男子 -65kg級 高山忠士(極真館)

★男子 -70kg級 其原太一(新極真会)

★女子 -60kg級 山本由紀(極真館)

★女子 +70kg級 福原葉子(新極真会)

 

2017年 第3回KWU世界大会(ロシア・エカテリンブルク)

準優勝

★男子 -75kg級 中山正純(極真空手中山道場)

★女子 -50kg級 伊藤帆南(士衛塾)

第3位

★男子 -60kg級 澤井虎之亮景慶(極真会館中村道場)

 

どうやって日本代表になるのか

基本的に極真館主催の全日本選手権の上位入賞者が派遣される流れとなっている。

ただし、友好団体(新極真会、極真会館中村道場、KWF千葉田中道場など)の推薦によって派遣される場合もある。

 

これまでの世界大会の結果

 

2013年 第1回KWU世界大会(ブルガリア・ソフィア)

「kwu 1st 2013」の画像検索結果

1st KWU World Championships(第1回KWU世界選手権大会)
4-5 October 2013, Sofia, Bulgaria(2013年10月4日〜5日 ブルガリア=ソフィア)
男子結果(赤字は日本人選手)
-60kg -65kg -70kg -75kg -80kg
1. Dmitry Starodubtsev RUSSIA
2. Genki Takahashi
JAPAN
3. Leon Lundregan
GT BRITAIN
Artur Arushanyan
ARMENIA
1. Farid Kasumov RUSSIA
2. Andrei Zinchenko
GEORGIA
3. Kotaro Yamashita
JAPAN
Andrej Marmysh
BELARUS
1. Yevgeniy Mamro RUSSIA
2. Toshihide Iwasawa
JAPAN
3. Ivan Komanov
BULGARIA
Baurzhan Kumiskaliyev
KAZAKHSTAN
1. Stilian Petrov BULGARIA
2. Artem Nazaretyan
RUSSIA
3. Ryo Wakabayashi
JAPAN
Deyan Bratkov
BULGARIA
1. Shamsudin Abdurashidov RUSSIA
2. Nikolay Yorgov
BULGARIA
3. Samson Muripo
ZIMBABWE
Mehraj Gulmammadov
AZERBAJIAN
-85kg -90kg -95kg +95kg
1. Dmitriy Savelyev RUSSIA
2. Emil Stalev
BULGARIA
3. Dmitriy Sikorsky
BELARUS
Aleksandar Yordanov
BULGARIA
1. Arsen Hachatryan RUSSIA
2. Aleksandar Komanov
BULGARIA
3. Yusuke Fuji
JAPAN
Pablo Estensoro
SPAIN
1. Alexei Mezhevtsov RUSSIA
2. Igor Mazur
UKRAINE
3. Alexander Makarevich
BELARUS
Mladen Kishen
BULGARIA
1. Artur Tilov RUSSIA
2. Masaki Fuji
JAPAN
3. Daneshfar Amirhossein
IRAN
Hristo Georgiev
BULGARIA
女子結果
-55kg -60kg -65kg
1. Svetlana Berezova RUSSIA

2. Natalia Seliukova BELARUS

3. Stanislava Boycheva BULGARIA

  Ayshegyul Shen BULGARIA

1. Anna Efremova RUSSIA

2. Emma Markwell GT BRITAIN

3. Zurine Eciolaza SPAIN

  Anna Kadziolka POLAND

1. Anzhelika SabaevaRUSSIA

2. Aneta Meskauskine IRELAND

3. Kelly Balmer GT BRITAIN

 Patrycja Wrona POLAND

-70kg +70kg
1. Samantha Williams GT BRITAIN

2. Desiree Radushin  SOUTH AFRICA

3. Lucinda Bender HOLLAND

Only 3 fighters on podium due to failed drugs test

1. Aleksandra Marinova BULGARIA

2. Mariya Panova RUSSIA

3. Diana Cantero SPAIN

 Greet Pelkmans BELGIUM

 

 

 

2015年 第2回KWU世界大会(ロシア・ハバロフスク)

「kwu 2nd 2015」の画像検索結果

2nd KWU World Championships(第2回KWU世界選手権大会)
3-4 October 2015, Khabarovsk, Russia(2015年10月3日〜4日 ロシア=ハバロフスク)
男子結果(赤字は日本人選手)
-60kg -65kg -70kg -75kg -80kg
1. Artur Arushanyan ARMENIA
2. Vitaliy Chekh
KAZAKHSTAN
3. Genki Takahashi
JAPAN 
Leon Lundregan
GT BRITAIN
1. Marcel Mansurov RUSSIA
2. Khezri Behzad
IRAN
3. Tadashi Takayama
JAPAN  
Yerkebulan Beysembayev
KAZAKHSTAN
1. Toshihide Iwasawa JAPAN
2. Georgi Lotarov
BULGARIA
3. Taichi Sonohara
JAPAN
Only three fighters on podium due to failed drugs test
1. Tsuyoshi Midori JAPAN
2. Deyan Bratkov
BULGARIA
3. Carlos Escribano
SPAIN
Only three fighters on podium due to failed drugs test
1. Merey Suyonov KAZAKHSTAN
2. Kinoshita Takeaki
JAPAN
3. Arnoldas Grevas
LITHUANIA
Jonas Rosin
SWEDEN
-85kg -90kg -95kg +95kg
1. Igor Ryadnov RUSSIA
2. Aleksandar Komanov
BULGARIA
3. Dmitriy Fedorov
KAZAKHSTAN
Only three fighters on podium due to failed drugs test
1. Emanuel Lebo AUSTRIA
2. Andrei Uleschenko
RUSSIA
3. Pablo Estensoro
SPAIN
Only three fighters on podium due to failed drugs test
1. Nikolai Maslennikov RUSSIA
2. Shoki Shimizu
JAPAN
3. Roel Noordman
HOLLAND
Ilya Ilin
 GERMANY
1. Vasiliy Samadurov RUSSIA
2. Daneshfar Amirhossein
IRAN
3. Cristian Garcia Contreras
SPAIN
Only three fighters on podium due to failed drugs test
女子結果
-55kg -60kg -65kg
1. Anna Virabyan RUSSIA
2. Violeta Livotska
BULGARIA
3. Alexandra Lesniewska
POLANDOnly 3 fighters on podium due to failed drugs test
1. Guzel Fattakhova RUSSIA
2.
Emma Markwell GT BRITAIN
3. Yuki Yamamoto
JAPAN
Sandra Van Ham
HOLLAND
1. Anzhelika SabaevaRUSSIA
2.
Diana Cantero SPAIN
3.
Aneta Meskauskine IRELAND
Lisa Marie Heath
GT BRITAIN
-70kg +70kg
1. Irina Kriazheva RUSSIA
2. Rika Hasegawa
JAPAN
3. Kirsten Galatius Smith
GT BRITAIN
Aelita Alexeyeva
KAZAKHSTAN
1. Tatiana Gendik RUSSIA
2. Brigita Gustaityte
LITHUANIA
3. Yoko Fukuhara
JAPAN
Aurore Chatagnier
FRANCE
 

 

2017年 第3回KWU世界大会(ロシア・エカテリンブルク)

KWUCHAMP 2017 Online Broadcasting

 

3rd KWU World Championships(第3回KWU世界選手権大会)
4-5 December 2017, Ekaterinburg, Russia(2017年12月4日〜5日)
男子結果(赤字は日本人選手)
-60kg -65kg -70kg -75kg -80kg
1. Artur Arushanyan ARMENIA
2. Farid Kasumov
RUSSIA
3. Toranosuke Sawai
JAPAN  
Dilyan Nikolov
BULGARIA
1. Ivan Tumashev RUSSIA
2. Dmitriy Moiseyev
KAZAKHSTAN
3. Daniel Redondo
SPAIN
Emin Ismayili
AZERBAJIAN
1. Sergey Chmunevich RUSSIA
2. Ivan Komanov
BULGARIA
3. Valeh Jafarov
AZERBAJIAN
Bereket Nurybaev
KAZAKHSTAN
1. Viktor Belyaev RUSSIA
2. Masazumi Nakayama
JAPAN  
3. Gabor Rosza
HUNGARY
Georgi Doychev
BULGARIA
1. Stanislav Mezhevtsov RUSSIA
2. Jonas Rosin
SWEDEN
3. Mohammed Adi Amin
IRAN
 Vytautus Cepla  LITHUANIA
-85kg -90kg -95kg +95kg
1. Alexander Drozd RUSSIA
2. Vladimir Artyushin
KAZAKHSTAN
3. Aria Jahandoust
IRAN
Justinas Kvietka
LITHUANIA
1. Aleksandar Komanov BULGARIA
2. Kęstutis Radvila
LITHUANIA
3. Dmitriy Sikorsky
BELARUS
Marek Wolny
POLAND
1. Edgard Sečinski LITHUANIA
2. Konstantin Fedorov
RUSSIA
3. Aleh Dalidovich
BELARUS
Faramarz Afghan
AFGHANISTAN
1. Vasiliy Samadurov RUSSIA
2. Mahdi Hosseinpourdizaj
IRAN
3. Eventus Guzauskas
LITHUANIA
Hristo Georgiev
BULGARIA
女子結果
-50kg -55kg -60kg
1. Teona Gazdelina  SPAIN
2. Honami Ito
JAPAN
3. Daiva Krisciuniene
LITHUANIA
Lyudmila Ustyugova
KAZAKHSTAN
1. Diana Maciute LITHUANIA
2. Anna Izdebska
 UKRAINE
3. Iya Kostova
BULGARIA
Maria Savelieva
RUSSIA
1. Inga Mikstaite LITHUANIA
2. Emma Markwell
GT BRITAIN
3. Alina Polischuk
RUSSIA
Yekaterina Gurova
KAZAKHSTAN
-65kg -70kg +70kg
1. Anzhelika SabaevaRUSSIA
2.
Gabija Gudeliauskaitė  LITHUANIA
3.
Aneta Meskauskine IRELAND
Camilla Haddouche
FRANCE
1. Agata Winiarska POLAND
2. Julie Lamarre
CANADA
3. Lilla Herczeg
HUNGARY
Svetlana Tuchkova RUSSIA
1. Maria Papadopoulou GREECE
2. Alexandra Karpuk
POLAND
3.
Mariya Panova RUSSIA
Diana Balsyte
LITHUANIA

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-KWU

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ