全日本 注目大会 白蓮会館

【トーナメント発表】絶対王者たちの再スタート。北島悠悠引退。平木楓が新たな歴史を作るか。【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

2018 白蓮会館 34 全日本空手道選手権大会」

開催日;2018年11月18日(日)

主 催;NPO法人国際空手拳法連盟 白蓮会館

会 場;エディオンアリーナ大阪

白蓮会館ホームページ

 

白蓮会館が主催する「34 全日本空手道選手権大会」が11月18日(日)にエディオンアリーナ大阪にて開催される。

男子は3階級、女子は2階級で争われる。

 

トーナメント発表

男子軽量級(-65kg)

 

★要注目選手

福地将人(白蓮会館総本部)
第29回・第33回全日本大会優勝・WKOワールドカップ2016優勝

・稲葉魁士(世界総極真愛知長谷川道場)
第1回総極真世界大会軽量級優勝

・魚本尚久真(魚本流空手拳法連盟)
2018KWF国際大会・武神 ALL JAPAN CUP軽量級優勝

・堀井海飛(空手道柔拳)
(社)極真会館 2018年第34回全日本ウエイト制大会軽量級優勝

・奥野佑磨(白蓮会館岸和田支部)
第33回全日本大会準優勝

・宮田空(白蓮会館堺支部)
第33回全日本大会第3位

・若原虎大(空手道山犬)
第33回全日本大会第3位

 

 

 

 

男子中量級(-75kg)

★要注目選手

福地勇人(白蓮会館東京墨田支部)
全日本大会優勝4回・WKOワールドカップ2012・2016優勝

・日下部尚人(世界総極真大石道場)
第49回総極真全日本大会優勝

・石野源太郎(桜塾)
2018年 第10回JKJO全日本大会中量級優勝

・御宮知慎悟(誠會)
(社)極真会館 2017年ワールドカップ中量級優勝

 

 

 

男子重量級(+75kg)

 

 

★要注目選手

・山口翔大(白蓮会館総本部)
全日本大会優勝4回・WKO世界選手権2016優勝

・内藤貴継(白蓮会館佐賀唐津支部)
第27回全日本大会優勝・WKOワールドカップ2012・2016優勝

・北島悠悠(白蓮会館岸和田支部)
全日本大会優勝5回・第1回・第2回世界大会優勝

・日下部尚弥(世界総極真大石道場)
第48回総極真全日本大会優勝

・芦髙侑平(極真会館関西総本部)
第48回・第49回(社)極真会館 全日本大会優勝

・Andrei Stepin(ロシア)
第9回極真会館(松井派)世界大会第5位

・山下力也(道真会館)
第33回全日本大会第3位

・Mehrdad Ramezani(少林拳法)
第33回全日本大会第3位

 

 

 

女子軽中量級(-55kg)

 

★要注目選手

・根路銘涼海(白蓮会館沖縄支部)
第33回全日本大会優勝

・徳田詩織(正道会館総本部)
2018年正道会館全日本大会軽量級優勝

・村瀬二千華(日本空手道男塾)
2017年第9回JKJO全日本大会中量級優勝

・道越綾(白蓮会館八尾南支部)
第33回全日本大会第3位

・渡日向(白蓮会館池田支部)
第33回全日本大会第3位

 

 

女子重量級(+55kg)

★要注目選手

・亀山彩花(白蓮会館堺支部)
第33回全日本大会優勝・WKOワールドカップ2016優勝

・民谷虹晴(白蓮会館東大阪東支部)
2018年正道会館全日本大会重量級優勝

・新田華子(極真会館浜井派)
2017年第4回JFKO全日本大会軽重量級優勝

・馬渡純香(原道場)
第33回全日本大会準優勝

昨年の結果

沖縄の最強16歳・根路銘が沖との”JK対決”を制し軽量級優勝。重量級は世界女王・亀山が盤石の強さを見せつけた。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、亀山彩花さんを含む、立ってる(複数の人)

一般女子 軽中量級
優勝 根路銘涼海 白蓮会館
準優勝 沖美伶 誠會
3位 道越綾 白蓮会館
3位 渡日向 白蓮会館
一般女子 重量級
優勝 亀山彩花 白蓮会館
準優勝 馬渡純香 原道場
3位 久原沙姫 成心會
3位 勝田仁美 誠會

 

 

世界王者・福地将人が同学年対決を制し軽量級優勝。加埜、大健闘もイランに王座流出。最強の侵略者・山口が2017年を無敗で終えた。

 

一般男子 軽量級
優勝 福地将人 白蓮会館
準優勝 奥野佑磨 白蓮会館
3位 宮田空 白蓮会館
3位 若原虎大 空手道山犬
一般男子 中量級
優勝 Asghar Jabari Bushido kaikan
準優勝 加埜日奈太 白蓮会館
3位 石嶺雄大 琉道会館
3位 森川琢也 天水
一般男子 重量級
優勝 山口翔大 白蓮会館
準優勝 北島悠悠 白蓮会館
3位 山下力也 道真会館
3位 Mehrdad Ramezani Bushido kaikan

 

今年の見所① スーパースター・福地勇人の凱旋

昨年、「2017年 白蓮会館 第33回全日本空手道選手権大会」の出場を見送った福地。今年、10月に行われた新極真会「第50回全日本空手道選手権大会」では、4回戦で惜しくも前田勝汰に敗れたものの、現在75kg以下級では世界最強であると言えるだろう。

2017年 JFKO「4回全日本フルコンタクト空手道選手権大会」中量級で優勝。さらに今年行われた、JFKO「1回国際フルコンタクト空手道選手権大会」では、緑強志越智純貴といった強豪を撃破し、決勝戦ではライバルであり、絶対王者の前田優輝を下し、優勝。

進化を続けるスーパースター・福地勇人(東京墨田支部)の試合に注目だ。

【イチバン名鑑】打たせずに倒す!空手界のスーパースター!第1回は福地勇人(白蓮会館)選手!好きな映画は?アーティストは?【プチインタビュー】

 

 

今年の見所② 悔しい思いをバネに。山口翔大の再スタート。

2017年、山口翔大(大阪狭山支部)はまさしく”神っていた”。

3月に開催された、宮野道場「LEGEND〜最終章〜」での重量級賞金トーナメント制覇のわずか1週間後に出場した、KWFKARATE GRAND PRIX 2017」でも世界王者数名を撃破し優勝

さらに5月に開催されたJFKO「4回全日本フルコンタクト空手道選手権大会」重量級で優勝

2017 白蓮会館 33回全日本空手道選手権大会」でもきっちりと優勝して、ハイレベルなトーナメントの連続が続いた1年間を無敗で締めくくった。

しかし、2018年は不運が待ち受けていた。

連覇を目指し出場した、KWF「KARATE GRAND PRIX 2018」では敗退。

さらに新極真会のトップ選手も集結し、意気込んで挑んだJFKO「1回国際フルコンタクト空手道選手権大会」では、第1回・第2回大会優勝の山本和也と対戦し、上段膝蹴りでまさかの技ありを奪われる。そこからの反撃を図った瞬間に怪我をしてしまい、一本負けを喫した。

10月に行われた新極真会「50回全日本空手道選手権大会」では、心身共に充実した試合運びを展開し、「四強加藤大喜を追い詰めるもあと一歩のところで悔しい体重判定負けとなった。

不運が続いた、2018年だったが復活の狼煙は上がっている。

山口が優勝で2018年を締めくくり、2019年再び新極真会を侵略しにいく。

今年の見所③ ”カラテエリート高校生” 平木楓の挑戦。

白蓮会館全日本ジュニア四連覇、2018年新極真会全日本ジュニア優勝(カラテドリームフェスティバル)。

ジュニア最強、卒業へ___

今年、行われた新極真会主催の全中部大会、全関西大会では一般の部で優勝。

70kgに満たないカラダながら、10月に行われた新極真会「50回全日本空手道選手権大会」に出場。2回戦で敗れたものの、超格上である島本一二三を相手に大健闘を見せた。

世界王者・福地将人の壁を越えることはできるであろうか。

スーパースター・福地勇人が白蓮会館全日本大会を制したのは高校2年生の時である。

同じく高校2年生となった”カラテエリート” 平木楓(池田支部)の挑戦に注目だ。

今年の見所④ 元・世界最強の男 北島悠悠、引退

最強の男がついに舞台を降りる。

★2004年 白蓮会館 第1回全世界空手道選手権大会 重量級 優勝
★ 2008年 白蓮会館 第2回全世界空手道選手権大会 重量級 優勝

★第18回 白蓮会館 全日本空手道選手権大会 重量級 優勝
★第21回 白蓮会館 全日本空手道選手権大会 重量級 優勝
★第22回 白蓮会館 全日本空手道選手権大会 重量級 優勝
★第23回 白蓮会館 全日本空手道選手権大会 重量級 優勝
★第25回 白蓮会館 全日本空手道選手権大会 重量級 優勝
★第19回 新極真会 全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 準優勝
★第27回 (社)極真会館 全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 優勝

2002年。当時、絶対王者であった南豪宏から上段膝蹴りで技ありを奪い、衝撃の初優勝を飾ってから、16年。

ついに北島悠悠が現役を引退する。

2004年から2009年までの間、世界大会二連覇を含め、6年間重量級の頂点に立ち続けた。

187センチの長身から繰り出される攻撃は破壊力満点で、幾多の強豪が上段膝蹴りでマットに沈められ、全国、全世界の空手家が恐れをなした。

2018年、北島悠悠、最後の勇姿をぜひ見届けよう。

そのほかにも見所満載の全日本大会

・軽量級世界王者・福地将人の連覇なるか秋元皓貴から衝撃の1本勝ちを収め、KWF国際大会2018を制した魚本尚久真(魚本流)や(社)極真会館全日本ウエイト制大会2018を制した堀井海飛(柔拳)などの強豪他流派勢、平木楓(池田支部)ら急成長のユース選手を迎え撃つ。

 

 

・重量級世界王者・内藤貴継、2年ぶりの全日本へ。

 

・世界女王・亀山彩花の連覇に待ったをかける。第4回JFKO全日本大会軽重量級女王・新田華子(極真浜井派)参戦。それとも正道会館全日本重量級女王、民谷晴虹が待ったをかけるか。

 

・多田大祐ベスト4の壁を乗り越えられるか。

 

(社)極真会館全日本大会2連覇・芦髙侑平(極真会館関西総本部)が参戦。2018年全日本2冠達成なるか。

 

・2017年(社)極真会館ワールドカップ中量級王者・御宮知慎悟(誠會)が参戦。福地勇人にリベンジなるか

 

・他流派勢、海外勢が波乱を巻き起こすのか。

 

2018年も面白い試合展開が期待されそうだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-全日本, 注目大会, 白蓮会館

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ