全日本 極真会館(松井派) 注目大会

世界大会へ向けて日本のエースが決まる。髙橋佑汰の連覇か。鎌田翔平のリベンジか。【10.27-28=第50回極真会館全日本 2018 見どころ】

 

 

国際空手道連盟 極真会館(館長 松井章奎)

「第50回オープントーナメント 全日本空手道選手権大会」

武蔵野の森 総合スポーツプラザ

2018年10月27日(土)〜28日(日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極真会館が主催する「全日本空手道選手権大会」が武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催される。

第50回を迎える記念すべき大会であるとともに、2019年開催予定の「第12回全世界空手道選手権大会」の日本代表選手選抜大会となる。ルール改正後の2016年、2017年の全日本大会では日本人選手が王座を守り抜いてきたが、ロシアを中心に強豪海外勢が今年こそはと王座を狙う。

来年の世界大会の前哨戦となる50回目の大一番。記念大会を制するのは日本人か、それとも海外勢か。

 

大会プロモーション映像 

大会見どころ

今年も国内はもちろん、海外からも多くの選手が参加し、128名の出場者が並ぶ。

悔しい逆転負けの鎌田が日本最強の座を取り戻す(A・Bブロック展望)

A・Bブロックでは第48回大会王者で昨年準優勝の雪辱に燃える鎌田翔平(東京城西支部)が中心となる。昨年、決勝戦では試合を有利に進めながらも終了間際に技ありを奪われての逆転負けを喫した鎌田。ロシア中量級の実力者アショット・ザリヤンとの対戦がまず最初の大きな山となるだろう。

那須川天心の極真時代のライバルで2018年第35回全日本ウエイト制空手道選手権大会重量級で準優勝の南原健太(東京城北支部)はロシアの古豪、オレクサンダー・イエロメンコを突破し、鎌田越えを狙いたいところだ。

その南原を下し、今年の全日本ウエイト制大会重量級を制した、ロシアの新鋭アントン・グリアエフは190センチの長身を生かした破壊力抜群の攻撃が武器。昨年王者の髙橋佑汰の実弟でワールドユースエリート王者の髙橋扶汰(東京城北支部)が未来の日本とロシアのエース対決に挑む。

スペインの鉄人、アレハンドロ・ナヴァロは41歳ながら今年6月に行われたオールアメリカンオープンで優勝するなど未だその強さは健在。2013年世界重量級王者の荒田昇毅(千葉県中央支部)との対戦が濃厚。未だ全日本の舞台では頂点にたどり着いていない荒田。今大会にかける思いは強い。

 

王者・髙橋佑汰包囲網。真の日本のエースへ試練の一戦(C・Dブロック展望)

C・Dブロックではやはり昨年王者の髙橋佑汰(東京城北支部)が中心となるだろう。連覇を目指す髙橋だが一回戦から大きな山場を迎えることとなった。ロシアのローマン・メシチェリアコフだ。ローマンとは高校時代に2度対戦し、過去1勝1敗。9月に全ロシア大会重量級をしているこの同世代のローマンとの対戦は気を抜けないものになるであろう。

その後も今年のヨーロッパ選手権重量級を制したロシアのコンスタンティン・コバレンコとの対戦が予想される。

さらに今大会最も厄介な存在となりそうなのが、アンドレイ・ルジンだ。ルジンは2017年に開催された「第6回全世界ウエイト制空手道選手権大会」の軽重量級に出場。髙橋佑汰、上田幹雄という日本を代表する選手が出場し、最も日本勢が優勝に近いと言われた階級において、この両名を準決勝、決勝で撃破し、外国人で唯一の優勝を飾ったロシアの22歳。リベンジに燃える上田幹雄(横浜北支部)、先に激突が予想される安島喬平(茨城県常総支部)との一戦は注目だ。

また、ロシアのキリル・コチュネフを中量級世界王者の大澤佳心(城西世田谷東支部)が止めることができるか、また髙橋佑汰との一戦にたどり着くことができるかにも注目が集まるであろう。

 

トーナメント表はこちら

出場選手の抱負はこちら(極真会館HPより引用)

 No.1 鎌田翔平(東京城西支部/弐段/186cm/95cm/31歳)

「昨年は決勝戦のラスト1秒で技有りを取られて負けてしまうという、改定ルールの怖さを痛感した結果でした。その敗戦を踏まえ、今年は絶対に気を抜かないように日常生活から心技体を磨いてきました。大会では全ての選手と対戦する可能性があるので、全選手をマークしていますが、順当なら4回戦でアショット・ザリヤン選手と対戦することになるので、最初の山はそこになると思っています。今大会で優勝し、来年の世界大会に向けて弾みをつけたい」

 

No.17 南原健太(東京城北支部/初段/186cm/95㎏/20歳)

「今大会では少しでも多くの技有りや一本を取って優勝を狙っていきたい。4回戦の相手はオレクサンダー・イエロメンコ選手になると思いますが、イエロメンコ選手に勝って、次の準々決勝では鎌田選手に全力で向かって行きたいと思います」

 

No.41 与座優貴(茨城県常総支部/初段/173cm/71kg/20歳)

「昨年は4回戦で負けているので、今年は是が非でも4回戦(ベスト16)の壁を越えて最低でもベスト8に入り世界大会出場権を勝ち取ることが目標です。4回戦の相手はアントン・グリアエフ選手になると思いますが、自分の120パーセントを出し切って、日本は四強だけではないというところをアピールしたい」

 

No.56 竹岡拓哉(東京城西支部/弐段/169㎝/79kg/28歳)

「今大会は来年の世界大会の日本代表選抜戦なので、必ずベスト8に勝ち上がり代表権を獲得し、その勢いで優勝を狙っていきます。改定ルールが外国人選手や他の日本選手にも浸透してきていると思うので、様々な局面を想定し、しっかりと戦術や対策を練って戦っていきたいと思います」

 

No.64 荒田昇毅(千葉県中央支部/初段/183cm/100kg/31歳)

「19歳で全日本大会に初めて出場し、今年31歳になります。これまで2位、3位、4位、5位はありましたが、まだ優勝したことがないので、今年は何がなんでも優勝することにこだわった戦いをしたい。改定ルールから2年が経ち、選手のレベルも上がってきているので、どんな相手に対しても足元をすくわれないように1回戦から全力で戦います」

 

No.65 上田幹雄(横浜北支部/弐段/186cm/92kg/22歳)

「今年は“挑戦”ということをテーマに稽古を積み、全空連の帝京大学空手道部に週2回出稽古に行かせていただき、夏にはロシアやポーランドの合宿に約1カ月参加してきました。これらの経験を活かし、自信を持って戦っていきたい。順当なら準々決勝で昨年世界ウェイト制で負けているアンドレイ・ルジン選手と対戦するので、絶対にリベンジしたいと思います。目標とするのは、全力を尽くし、全てを出し切って優勝することです」

 

No.112 大澤佳心(城西世田谷東支部/弐段/176cm/85kg/22歳)

「今年はセミコンタクトルールの大会に2度出場したので、その成果をフルコンタクトルールの全日本大会で発揮したいと思います。4回戦で対戦が予想されるキリル・コチュネフ選手には2015年の世界大会と昨年のロシアの大会で2度続けて負けているので、今回は3度目の正直で自分が勝ってベスト8進出を決めたい」

 

No.120 星龍之介(本部直轄浅草道場/初段/183㎝/124kg/19歳)

「自分よりも実績のある格上の選手が多いのですが、誰も予想できないような番狂わせを起こして来年の世界大会出場を勝ち取りたい。1回戦から決勝戦まで全て全力で戦っていきたいと思っています」

 

No.128 髙橋佑汰(東京城北支部/弐段/181cm/93kg/24歳)

「昨年は自分の本当の実力が伴った優勝ではなかったと思っているので、今年は圧倒的な強さを見せて勝ち上がって行きたい。また今年の夏にも全空連ナショナルチームの強化合宿に参加させていただいたので、この経験を試合で発揮できるように、応援して下さるナショナルチームの皆さんや支えて下さる全ての方々への感謝の気持ちを持って全身全霊をかけて大会に臨み、絶対に2連覇を成し遂げます」

 

大会スケジュール

 

10月27日(土)/第1日目
[10:00] 開場
[10:30] 開会式
[10:50] 女子1回戦開始(全8試合)
[11:20] 男子1回戦ABブロック開始(全32試合)
[13:00] 女子2回戦開始(全4試合)
[13:15] 男子1回戦CDブロック開始(全32試合)
[14:55] 女子準決勝戦開始(全2試合)
[15:05] 男子2回戦A~Dブロック開始(全32試合)
[16:45] 初日試合終了 終了太鼓

10月28日(日)/第2日目
[10:00] 開場
[10:40] 女子3位決定戦
[10:45] 女子決勝戦開始
[11:00] 開会式
[11:10] 3回戦進出選手紹介
[11:20] ルール説明
[11:40] 試割
[12:20] 3回戦開始(全16試合)
[13:40] 4回戦開始(全8試合)
[14:30] 準々決勝戦(全4試合)
[15:00] 少年部演武(首都圏少年部)
[15:20] 準決勝戦(全2試合)
[15:35] 演武
[16:05] 第3位決定戦
[16:10] 決勝戦
[16:30] 表彰式・閉会式
[16:50] 大会終了
※両日とも進行状況により時間が変更する場合があります。

 

昨年の結果(第49回全日本空手道選手権大会)

日本赤十字社 東日本大震災・平成28年熊本地震災害 義援金チャリティー
第49回オープントーナメント全日本空手道選手権大会
2017年11月3日(金・祝)4日(土)/東京体育館

優勝/髙橋佑汰 (東京城北支部)

準優勝/鎌田翔平 (東京城西支部)

3位/荒田昇毅 (千葉県中央支部)

4位/上田幹雄 (横浜北支部)

5位/アショット・ザリヤン (ロシア)

6位/ゴデルジ・カパナーゼ (ロシア)

7位/南原健太 (東京城北支部)

8位/オレクサンダー・イエロメンコ (ロシア)

敢闘賞/亘 和孝 (東京城西支部)

技能賞/中島千博 (東京城北支部)

試割賞/アンドレイ・ルジン (ロシア=22枚)

新人賞/髙橋扶汰 (東京城北支部)

奥寺勇輝 (東京城西支部)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-全日本, 極真会館(松井派), 注目大会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ