KWF 注目大会

【結果速報】第2回KWF極真世界大会で日本選手大活躍。7名の新世界チャンピオンが誕生。【2018.11.3-4 カザフスタン 第2回KWF極真世界大会】

KWF=Kyokushin World Federation 極真世界連盟)主催の「2KWF極真世界選手権大会」が2018年11月3日〜4日にカザフスタンの首都アスタナで開催された。

KWFはルック・ホランダー氏を代表として2010年8月にルーマニアのブカレストで設立された極真空手の世界連盟。ヨーロッパを中心に各国に支部を構えており、アメリカやブラジルといった北欧、南米にまで行き届く。日本では極真会館千葉田中道場の田中規順氏がKWF日本の代表を務めており、「第1回KWF極真世界選手権大会」が2014年に日本(千葉県)で開催された。

日本代表選手は、今年3月に開催された「KWF国際オープントーナメント・世界カラテグランプリ」の入賞者の中から、極真空手選手が選抜された。

大会初日(3日)は10歳〜15歳までの少年少女の試合が行われ、 摩那斗(極真会館梶原道場)、鵜澤向日葵 (KWF無限勇進会)須鎗海羅(極真拳武會)、紅谷 (極真拳武會)ら4名の日本代表選手たちが世界チャンピオンの座を手に入れた。

2日目(4日)には16歳以上のカテゴリーの試合が行われ、ジュニアクラスで中薗綾乃 (KWF極真会館)、一般男子クラスでは大野篤貴 (KWF無限勇進会)大場健吾 (KWF無限勇進会)が世界チャンピオンの座を手に入れた。世界各国から強豪選手が集まり、世界選手権の名に恥じないハイレベルな試合展開が繰り広げられた。

日本人選手の結果は以下に記す。なお、大会全結果ならびに大会リポートについては後日追加をする予定。

大会プロモーションビデオがこちら

目次

日本人選手の成績は以下の通り

【一般男子】

★-65kg級
優勝 大野篤貴(KWF無限勇進会)

★-70kg級
優勝 大場健吾(KWF無限勇進会)

★-80kg級
準優勝 亀井元気(極真会館中村道場)

★-90kg級
第3位 宮原穣(KWF極真会館)

★-90kg級
第3位 谷岡大地(極真会館中村道場)

【ジュニア男女】

優勝
★16~17歳 -55kg
中薗 綾乃(KWF極真会館)

第3位
★16~17歳 -80kg
土屋 正輝(KWF極真会館)

【少年男女】

優勝
★12~13歳 -40kg
摩那斗(極真会館梶原道場)
★12~13歳 -50kg
鵜澤 向日葵(KWF無限勇進会)
★12~13歳 -55kg
須鎗 海羅(極真拳武會)
★14~15歳 -55kg
紅谷 凱(極真拳武會)

準優勝
★12~13歳 +55kg
前泊 煌(極真拳武會)

第3位
★12~13歳 +55kg
黒澤 翔太(極真拳武會)
★14~15歳 +55kg
清水 強(極真拳武會)

参加した日本代表選手一覧は以下の通り

一般男女日本代表選手一覧

一般男子

-65kg級

大野 篤貴   (KWF無限勇進会) 

-70kg級

大場 健吾   (KWF無限勇進会) 

-80kg級

石橋 怜也   (KWF無限勇進会)  

亀井 元気   (中村道場)

-90kg級

宮原 穣    (KWF極真会館)    

谷岡 大地  (中村道場)       

一般女子

-55kg級

大場 ももか(KWF無限勇進会)   

澤井 美耶  (中村道場)

ジュニアクラス日本代表選手一覧

少年男子12~13才 ( -40kg級)

堀 摩那斗   (梶原道場)    

少年男子12~13才 ( -50kg級)

大場 孔揮   (KWF無限勇進会)  

少年男子12~13才 ( -55kg級)

須鎗 海羅   (極真拳武會)      

小熊 宗明   (極真拳武會)   

少年男子12~13才 ( +55kg級)

前泊 煌     (極真拳武會)      

黒澤 翔太   (極真拳武會)  

少年女子12~13才( -50kg級)

鵜澤向日葵  (KWF無限勇進会)   

少年男子 14~15才( -55kg級)

紅谷 凱     (極真拳武會)  

少年男子 14~15才( +65kg級)

清水 強     (極真拳武會)    

ジュニア男子 16~17才( -60kg級)

相川 陽盛   (極真拳武會)   

ジュニア男子 16~17才( -80kg級)

土屋 正輝   (KWF極真会館)   

ジュニア女子 16~17才( -55kg級)

中薗 綾乃 KWF極真会館

良元 知阿子(釘嶋道場)※「型16−17歳」クラスにも出場

マスターズ日本代表選手一覧

マスターズ男子35歳以上

須鎗 孝文  (極真拳武會)     

一般男女大会結果

男子 -65kg級 優勝 大野 篤貴 (日本・KWF無限勇進会)

■一般男子 -65kg級 

優勝/大野 篤貴 (日本・KWF無限勇進会)
1st PlaceAtsuki Ono (Japan)
準優勝/アルトゥール・アルシャニャン (アルメニア・KWF)
2nd Place/Arushanyan Artur (Armenia)
3位/ガフェル・サバール (イラク・KWF)
3rd Place/Saber Gafer (Iraq)
3位/セルジャン・ボタバエフ (カザフスタン・極真館)
3rd Place/Botabayev Serzhan (Kazakhstan)

大野 篤貴 (日本・KWF無限勇進会)は地元カザフスタンの選手との対戦が続いた。1回戦からイエロバット・カパロフ、2回戦でハティップ・アユロフを3回戦ではムラット・ジャウムトバエフというそれぞれカザフスタンの選手を下し準決勝へ進出。準決勝ではイラクのガフェル・サバールを下し、決勝へと駒を進めた。

決勝戦に上がったのは、アルメニアのアルトゥール・アルシャニャンだった。アルシャニャンは2017年に開催された第3回KWU世界大会の−60kg級で優勝をしており、今大会で2つ目の世界タイトルを狙う。

初の世界タイトル獲得に燃える大野と2つ目の世界タイトルを狙うアルシャニャンの一戦は序盤からお互いに激しく攻め立て、一進一退の攻防が続いた。

本戦0-0、延長0-0と双方譲らず、再延長へともつれ込んだ。スタミナで勝る大野がアルシャニャンを攻め立て、優位と思われる展開が続き、大野に旗が2本上がるが、主審は引き分けの判定。試合は再再延長へ。気迫と執念を見せた大野が4本の支持を得て、初の世界タイトル獲得となった。

 

決勝戦動画

男子 -70kg級 優勝 大場 健吾 (日本・KWF無限勇進会)

■一般男子 -70kg級 

優勝/大場 健吾 (日本・KWF無限勇進会)
1st PlaceKengo Oba (Japan)
準優勝/ウラジミール・オレコフ (ロシア・極真館)
2nd Place/Olekhov Vladimir (Russia)
3位/ヤクブラン・ベイセムバエフ (カザフスタン・新極真会)
3rd Place/Beisembayev Yerkebulan (Kazakhstan)
3位/ニキータ・エシュトキン(ロシア・極真館)
3rd Place/Eshtokin Nikita (Russia)

大場 健吾 (日本・KWF無限勇進会)は1回戦でエストニアのアントニオ・ベリジャコフ、2回戦ではイランのオマイリ・ホッセイン、3回戦、準決勝では新極真会カザフスタンのエイディン・ヌルバソヨノフとヤクブラン・ベイセムバエフといった強豪選手を下しての決勝進出。

決勝の相手はウラジミール・オレコフ (ロシア・極真館)となった。

目の前で同門の大野篤貴の大激闘を見た後の試合。身長に勝る相手だが、ディフェンスをしながらしっかりと突きを打ち込んでいくが、本戦判定は0-0と差がない。延長戦も同じような展開が続き0-0の判定に。再延長戦では回り込むオレコフとの激しい打ち合いに。大場に1本、オレコフに1本の旗が上がるも引き分け。ここで体重判定へ。両者が体重を測り終え、主審が大場の勝利を告げた。同門、大野に続き嬉しい初の世界タイトル獲得となった。

 

決勝戦動画

男子 -75kg級 優勝 バウルジャン・クミスカリエフ (カザフスタン ・新極真会)

■一般男子 -75kg級 

優勝/バウルジャン・クミスカリエフ (カザフスタン ・新極真会)
1st Place/Kumiskaliyev Bauyrzhan (Kazakhstan)
準優勝/パウエル・チェレパノフ (ロシア・KWF)
2nd Place/Cherepanov Pavel (Russia)
3位/ベレケット・ヌルバエフ (カザフスタン・KWF)
3rd Place/Nurbayev Bereket (Kazakhstan)
3位/ベリック・カーマンバエフ(カザフスタン ・松島派)
3rd Place/Kurmanbaev Berik (Kazakhstan)

バウルジャン・クミスカリエフ (カザフスタン ・新極真会)がプレッシャーをかけ続け、左右の下段回し蹴りを有効に使い、パウエル・チェレパノフ (ロシア・KWF)を本戦判定3−0で退けた。

男子 -80kg級 優勝 アーテム・ソロベフ (ロシア・極真館)

■一般男子 -80kg級 

優勝/アーテム・ソロベフ (ロシア・極真館)
1st Place/Solovev Artem (Russia)
準優勝/亀井 元気 (日本・極真会館中村道場)
2nd Place/Genki Kamei (Japan)
3位/マーチン・クラコウスキー (ポーランド・KWF)
3rd Place/Kulakowski Marcin (Poland)
3位/モハマッド・アサディ・アーミン(イラン・KWF)
3rd Place/Asadi_Amin Mohammad (Iran)

2018年極真館全日本ウエイト制大会中量級優勝のアーテム・ソロベフ (ロシア・極真館)と2014年極真会館全日本ウエイト制大会軽量級優勝の亀井 元気 (日本・極真会館中村道場)の決勝戦となった。

突きの亀井に対し、バリエーション豊富な蹴り技を見せるソロベフだが、お互い一歩も譲らない一進一退の攻防が続き本戦は0-0の引き分けに。延長戦では本戦よりも激しい攻防が続く中、亀井のパンチがソロベフの顔面にヒットしてしまい、注意1を取られてしまう。その後、お互いラッシュを仕掛ける中、もつれ込む展開となり亀井、ソロベフの両者に注意が与えられる。2つの注意が影響したか、2本の旗がソロベフを支持し、2名が引き分けを支持。主審はソロベフの方に手を挙げ、亀井は惜しくも決勝戦で敗れる結果となった。

男子 -90kg級 優勝 ウラジミール・アルチュシン (カザフスタン ・新極真会)

■一般男子 -90kg級 

優勝/ウラジミール・アルチュシン (カザフスタン ・新極真会)
1st Place/Artyushin Vladimir (Kazakhstan)
準優勝/メレイ・スユノフ (カザフスタン ・新極真会)
2nd Place/Suyunov Merey (Kazakhstan)
3位/谷岡 大地 (日本・極真会館中村道場)
3rd Place/Daichi Tanioka  (Japan)
3位/宮原 穣 (日本・KWF極真会館)
3rd Place/Jo Miyahara (Japan)

新極真会カザフスタンの軽重量級トップ2が参戦。ウラジミール・アルチュシンは新極真会第6回全世界ウエイト制大会でナザール・ナシロフ(ロシア)に準決勝で惜敗するも第3位に入賞している。メレイ・スユノフは第2回KWU世界大会-80kg級で決勝で木下毅顕(武心塾)を下し優勝している。この2人と日本のエースとも言える宮原、そして中村道場の谷岡が準決勝でぶつかった。

谷岡はスユノフと対戦。スユノフの強力な突きと強いプレッシャーに後退させられる場面もあるが、谷岡は勢いのある突きと蹴りを放ち善戦し本戦は0−0の引き分け。延長戦に入り、スユノフの中段膝蹴りと突きが炸裂し、技ありを取られる。その後、すぐに追いかけてきたスユノフの上段膝蹴りをもらい、惜しくも合わせ一本負けとなった。

一方、宮原はアルチュシンと対戦。強力な攻撃力を持つアルチュシンの技をうまくかわし、カウンターで蹴りをヒットさせていく宮原。終盤にはラッシュを仕掛け、若干優位に進めたように見えたが、本戦はアルチュシンに旗が1本上がる。

延長戦に入り、宮原のペースとなったかのように見えたが判定は2−2の引き分けで再延長戦へ。ここでも気迫を見せ、ペースを少し握ったものの、判定は延長戦と同様2-2に別れる。しかし、主審がアルチュシンを支持し、宮原はここで姿を消した。

決勝戦は右手を負傷したスユノフが棄権を申告し、アルチュシンの優勝となった。

男子 +90kg級 優勝 イリヤ・ヤコブレフ (カザフスタン ・新極真会)

■一般男子 +90kg級 

優勝/イリヤ・ヤコブレフ (カザフスタン ・新極真会)
1st Place/Yakovlev Ilya (Kazakhstan)
準優勝/ヴァシリー・サマドゥロフ (ロシア ・極真館)
2nd Place/Samadurov Vasily (Russia)
3位/ヴァシフ・サメドフ (ロシア・KWF)
3rd Place/Samedov Vasif (Russia)
3位/ラジーム・サメドフ (ロシア・KWF)
3rd Place/Samedov Rasim (Russia)

新極真会カザフスタン重量級エースのイリヤ・ヤコブレフと第2回・第3回KWU世界大会+95kg級2連覇のヴァシリー・サマドゥロフの決勝戦となった。

互いに強力な攻撃を繰り出し一進一退の攻防が続き、ヤコブレフに1本の旗が上がるも引き分け、延長戦へ。延長戦では手数を増やし、優位な展開を見せたヤコブレフが判定4-0で勝利。地元、カザフスタンで嬉しい世界タイトル獲得となった。

女子 -55kg級 優勝 リュドミラ・ウスチャゴワ (カザフスタン・新極真会)

■一般女子 -55kg級 

優勝/リュドミラ・ウスチャゴワ (カザフスタン・新極真会)
1st Place/Ustyagova Lyudmila (Kazakhstan)
準優勝/ヴァレリーヤ・イワノワ (カザフスタン・新極真会)
2nd Place/Ivanova Valeriya (Kazakhstan)
3位/アレクサンドラ・レスニウスカ (ポーランド・KWF)
3rd Place/Lesniewska Aleksandra (Poland)
3位/澤井 美耶 (日本・極真会館中村道場)
3rd Place/Miya Sawai (Japan)

女子 -60kg級 優勝 バレンス・ビッケル (オランダ)

■一般女子 -60kg級 

優勝/バレンス・ビッケル (オランダ)
1st Place/Bickel Valence (The Netherlands)
準優勝/アグニエスカ・シエリカ (ポーランド・KWF)
2nd Place/Sielika Agnieszka (Poland)
3位/エーリタ・リャブチュク (カザフスタン・新極真会)
3rd Place/Ryabchuk Aelita (Kazakhstan)

女子 -65kg級 優勝 マリエラ・リュベノワ (ブルガリア ・極真館)

■一般女子 -65kg級 

優勝/マリエラ・リュベノワ (ブルガリア ・極真館)
1st Place/Lyubenova Mariela (Bulgaria)
準優勝/バレリーヤ・ロザノワ (ブルガリア ・極真館)
2nd Place/Lozanova Valeriya (Bulgaria)
3位/トジャン・ポーラット (カザフスタン・KWF)
3rd Place/Polat Togjan (Kazakhstan)
3位/アンナ・スウィツコウスカ(ポーランド ・KWF)
3rd Place/Swiatkowska Anna (Poland)

女子 +65kg級 優勝 アレクサンドラ・カルプク (ポーランド ・KWF)

■一般女子 +65kg級 

優勝/アレクサンドラ・カルプク (ポーランド ・KWF)
1st Place/Karpuk Aleksandra (Poland)
準優勝/カタルジャナ・レージェント (ポーランド ・KWF)
2nd Place/Regent Katarzyna (Poland)
3位/デイナ・カズテイ (カザフスタン ・KWF)
3rd Place/Kaztay Dana (Kazakhstan)
3位/イワ・トラックス (ポーランド ・KWF)
3rd Place/Tracz Ewa (Poland)

 

 

前回大会(第1回KWF極真世界選手権大会)2014年11月3日=千葉県 の結果

 

階級 結果
一般女子

-55kg級

1 小松 せえは(Japan)
2 伊藤 帆南(Japan)
3 Zhansaya Yessirkepova (Kazakhstan)
3 Momoka Ohba (Japan)
一般女子

-60kg級

1 Dorota Bereza (Poland)
安岡麻由良(Japan)
2
一般女子

-65kg級

1 Diana Cantero (Spain)
2 Beatriz Prades Martinez (Spain)
3 亀山陽南子(Japan)
3 Sandra Van Ham (Netherlands)
一般女子

+65kg級

1 Aneta Zuk (Poland)
2 Irene Jensen Skjelfjord (Norway)
3 Joyce Huisken (Netherlands)
3 Anna Kedra (Poland)
一般男子

-70g級

1 山田 伊寿実(Japan)
2 Bereket Nurbayev (Kazakhstan)
3 Ivan Komanov (Bulgaria)
3 Davy Brand (Netherlands)
一般男子

-75g級

1 山田 哲也(Japan)
2 Grisha Torosyan (Armenia)
3 Michal Werner (Poland)
3 Georgi Doychev (Bulgaria)
一般男子

-80g級

1 Gerard Will (Poland)
2 水野 翔太(Japan)
3 森田 奈男樹(Japan)
3 Milush Draganov (Bulgaria)
一般男子

-90g級

1 Aleksandar Komanov (Bulgaria)
2 Emil Stalev (Bulgaria)
3 Koen Brink (Netherlands)
3 Nikola Nikolov (Bulgaria)
一般男子

-90g級

1 Petar Martinov (Bulgaria)
2 Daniel Trifu (Australia)
3 Charley Quinol (France)
3 Hristo Georgiev (Bulgaria)
マスターズ男子

-80g級

1 山本 高広(Japan)
2 Denis Gusev (Russia)
3 Tomonori Fukunaga (Japan)
3 Witold Stolarczyk (Poland)
マスターズ男子

+80g級

1 Alexey Inzha (Russia)
2 Lotfi Saket (Tunisia)
3 Habib Farjallah (Tunisia)
3 Farhani Ali (Tunisia)

 

KWUとKWFの違いがわからなければこちらをご覧ください!

世界が注目する舞台!KWUとは一体なんだ!?極真空手の新たな世界【団体概要・KWU(極真世界連合)】

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-KWF, 注目大会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ