全日本 注目大会 白蓮会館

山口翔大が内藤貴継との決勝戦を制し、5度目の全日本優勝。【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

 

2018 白蓮会館 34 全日本空手道選手権大会」

開催日;2018年11月18日(日)

主 催;NPO法人国際空手拳法連盟 白蓮会館

会 場;エディオンアリーナ大阪

白蓮会館ホームページ

 

第34回を迎える白蓮会館全日本大会。男子3階級、女子2階級で行われた今大会。男子重量級の決勝戦はやはり山口翔大 (白蓮会館大阪狭山支部)と内藤貴継 (白蓮会館佐賀唐津支部)の顔合わせとなった。(社)極真会館)全日本大会2連覇の芦高侑平(極真会館関西総本部)や第48回総極真全日本大会優勝の日下部尚弥(世界総極真大石道場)、第9回極真会館(松井派)世界大会第5位のロシアの古豪、アンドレイ・ステピン(ロシア)など他流派から強豪選手が集結。近年の白蓮会館全日本大会で最も層の厚い大会となったが、重量級2大エースの山口と内藤を止めることはできなかった。

内藤は3回戦で昨年第3位のイランの強豪、モハマッド・レザ・グッデリー(少林拳法・イラン)、準々決勝ではアンドレイ・ステピン(ロシア)と強豪外国人との対戦が続いた。準決勝では、芦高侑平(極真会館関西総本部)と今大会限りでの引退を表明している北島悠悠(白蓮会館岸和田支部)を下し、勝ち上がってきた亀山大輔 (白蓮会館堺支部)と対戦。ここも経験の差で振り切り、決勝進出を決めた。

一方、10月の新極真会全日本大会で悔しい負けを喫した山口は安定した組手で日下部尚弥(世界総極真大石道場)や鞠谷貴大 (誠會)といった他流派強豪を下し準決勝進出。準決勝では成長著しい多田大祐 (白蓮会館東大阪南支部)との接戦を制し、2年連続の決勝の舞台へ(ワールドカップ含めると4年連続)。

ライバル対決となった決勝戦。大方の予想通り、再延長までもつれ込む接戦となるも、山口が上段蹴りを散らしたところに強烈な下段を打ち込み、優位な展開を進め、判定で勝利。2連覇、そして5度目の全日本大会優勝となった。

 

 

 

結果

★男子重量級(+75kg)

優勝: 山口 翔大 (白蓮会館大阪狭山支部)

準優勝: 内藤 貴継 (白蓮会館佐賀唐津支部)

第3位: 多田 大祐 (白蓮会館東大阪南支部)

第3位: 亀山 大輔 (白蓮会館堺支部)

 

準々決勝以降の対戦表はこちら

決勝戦

× 内藤貴継 (白蓮会館佐賀唐津支部) vs ◯ 山口翔大 (白蓮会館大阪狭山支部)

 

準決勝

内藤貴継 (白蓮会館佐賀唐津支部) vs × 亀山大輔 (白蓮会館堺支部)

× 多田大祐 (白蓮会館東大阪南支部) vs ◯ 山口翔大 (白蓮会館大阪狭山支部)

 

準々決勝

内藤貴継 (佐賀唐津支部) vs × アンドレイ・ステピン (ロシア)

亀山大輔 (堺支部) vs × 北島悠悠(白蓮会館岸和田支部)

多田大祐 (白蓮会館東大阪南支部) vs × 浅田怜吾 (志友会館)

× 鞠谷貴大 (誠會) vs 山口翔大 (白蓮会館大阪狭山支部)

 

 

その他の階級の結果

★男子軽量級(-65kg)

優勝: 平木 楓 (白蓮会館池田支部)

準優勝: 福地 将人 (白蓮会館総本部)

第3位: 奥野 佑磨 (白蓮会館岸和田支部)

第3位: 若原 虎大 (空手道山犬)

 

★男子中量級(-75kg)

優勝: 福地 勇人 (白蓮会館東京墨田支部)

準優勝: 原 正幸 (原道場)

第3位: 辻本 流己 (空手道山犬)

第3位: 日下部 尚人 (世界総極真大石道場)

 

★男子重量級(+75kg)

優勝: 山口 翔大 (白蓮会館大阪狭山支部)

準優勝: 内藤 貴継 (白蓮会館佐賀唐津支部)

第3位: 多田 大祐 (白蓮会館東大阪南支部)

第3位: 亀山 大輔 (白蓮会館堺支部)

 

★女子軽中量級(-55kg)

優勝: 村瀬 二千華 (日本空手道男塾)

準優勝: 石野 まこと (桜塾)

第3位: 福徳 結実 ((社)極真会館東京都紅衛会道場)

第3位: 白石 綾 (世界総極真門馬道場)

 

★女子重量級(+55kg)

優勝: 亀山 彩花 (白蓮会館堺西支部)

準優勝: 民谷 虹晴 (白蓮会館東大阪東支部)

第3位: 小松 せえは (武奨館吉村道場)

第3位: 新田 華子 (極真会館浜井派)

 

 

昨年の結果

一般女子 軽中量級
優勝 根路銘涼海 白蓮会館
準優勝 沖美伶 誠會
3位 道越綾 白蓮会館
3位 渡日向 白蓮会館
一般女子 重量級
優勝 亀山彩花 白蓮会館
準優勝 馬渡純香 原道場
3位 久原沙姫 成心會
3位 勝田仁美 誠會
一般男子 軽量級
優勝 福地将人 白蓮会館
準優勝 奥野佑磨 白蓮会館
3位 宮田空 白蓮会館
3位 若原虎大 空手道山犬
一般男子 中量級
優勝 Asghar Jabari Bushido kaikan
準優勝 加埜日奈太 白蓮会館
3位 石嶺雄大 琉道会館
3位 森川琢也 天水
一般男子 重量級
優勝 山口翔大 白蓮会館
準優勝 北島悠悠 白蓮会館
3位 山下力也 道真会館
3位 Mehrdad Ramezani Bushido kaikan

 

 

男子軽量級のレポートはこちら

高校2年生、平木楓が強豪を連破し全日本初優勝の快挙達成【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

 

男子中量級のレポートはこちら

絶対王者・福地勇人が頭一つ飛び抜けた実力を見せ全日本5度目の優勝【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

 

大会前の見所はこちら

【トーナメント発表】絶対王者たちの再スタート。北島悠悠引退。平木楓が新たな歴史を作るか。【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-全日本, 注目大会, 白蓮会館

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ