全日本 注目大会 白蓮会館

世界女王・亀山彩花が民谷虹晴を決勝で下し、全日本大会連覇【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

 

2018 白蓮会館 34 全日本空手道選手権大会」

開催日;2018年11月18日(日)

主 催;NPO法人国際空手拳法連盟 白蓮会館

会 場;エディオンアリーナ大阪

白蓮会館ホームページ

 

第34回を迎える白蓮会館全日本大会。男子3階級、女子2階級で行われた今大会。

女子軽中量級

女子軽中量級は波乱の展開となった。昨年優勝の根路銘涼海(白蓮会館沖縄支部)が初戦の2回戦で髙橋向日葵(淑徳巣鴨中学高等学校空手道部)に敗れ姿を消した。

2018年JKJO全日本ジュニア優勝の石野まこと (桜塾) 、2018年(社)極真会館全日本大会第3位の福徳結実 ((社)極真会館東京都紅衛会道場)、2017年JKJO全日本大会優勝の村瀬二千華 (日本空手道男塾)、 2016年第1回総極真世界大会優勝の白石綾 (世界総極真門馬道場)といった白蓮会館以外の他流派勢がベスト4を占めることとなった。

決勝戦は福徳を破った高校生・石野と白石を破った村瀬との一騎打ちとなった。延長戦にもつれ込む接戦となったが、一般部での実績と経験で勝る村瀬が石野を僅差で振り切り、JKJOに続く全日本タイトル獲得となった。

 

女子重量級

女子重量級は他流派強豪選手の参戦で面白い展開となった。2連覇を狙う世界女王・亀山彩花(白蓮会館堺支部)と2018年正道会館全日本大会を制した高校生・民谷虹晴(白蓮会館東大阪東支部)の白蓮会館勢が、第4回JFKO全日本大会軽重量級を制した新田華子(極真会館浜井派)、JFKO全日本大会上位入賞常連の小松せえは (武奨館吉村道場)の石川県からの強豪他流派勢のぶつかり合いとなった。

準決勝1試合目は民谷と新田の一戦に。上段横蹴りの冴える民谷と強力で回転力のある突きが持ち味の新田の一戦は一進一退の攻防が続いたが、蹴り技の豊富さで心象を良くした民谷が本戦で勝利、決勝戦へと駒を進めた。

一方の準決勝は小松と亀山の一戦に。上背で勝る亀山がうまくプレッシャーをかけ難敵・小松を撃破。

白蓮会館同士の決勝戦が実現した。初優勝を狙う民谷だったが、亀山のプレッシャーが強く得意の上段蹴りを封じられてしまう。そこに強烈な突きと下段を打ち込んだ亀山がそのまま民谷を圧倒。強豪選手が集まったハイレベルな大会を制し、亀山が全日本2連覇を達成した(ワールドカップ含めると3連覇)。

 

 

結果

★女子軽中量級(-55kg)

優勝: 村瀬 二千華 (日本空手道男塾)

準優勝: 石野 まこと (桜塾)

第3位: 福徳 結実 ((社)極真会館東京都紅衛会道場)

第3位: 白石 綾 (世界総極真門馬道場)

 

 

★女子重量級(+55kg)

優勝: 亀山 彩花 (白蓮会館堺西支部)

準優勝: 民谷 虹晴 (白蓮会館東大阪東支部)

第3位: 小松 せえは (武奨館吉村道場)

第3位: 新田 華子 (極真会館浜井派)

 

準々決勝以降の対戦表はこちら

決勝戦

× 民谷虹晴(白蓮会館東大阪東支部)vs ◯ 亀山彩花(白蓮会館堺西支部)

 

準決勝

民谷虹晴(白蓮会館東大阪東支部)vs × 新田華子(極真会館浜井派)

× 村瀬二千華 (日本空手道男塾) vs ◯ 亀山彩花(白蓮会館堺西支部)

 

準々決勝

民谷虹晴(白蓮会館東大阪東支部) vs × 馬渡純香(原道場)

× 本田ななか (白蓮会館福岡支部) vs ◯ 新田華子(極真会館浜井派)

◯ 小松せえは (武奨館吉村道場) vs × 赤星陽愛(真正会全真会館阿倍野)

× 児玉亜瑞 (志友会館) vs ◯ 亀山彩花(白蓮会館堺西支部)

 

 

 

その他の階級の結果

★男子軽量級(-65kg)

優勝: 平木 楓 (白蓮会館池田支部)

準優勝: 福地 将人 (白蓮会館総本部)

第3位: 奥野 佑磨 (白蓮会館岸和田支部)

第3位: 若原 虎大 (空手道山犬)

 

★男子中量級(-75kg)

優勝: 福地 勇人 (白蓮会館東京墨田支部)

準優勝: 原 正幸 (原道場)

第3位: 辻本 流己 (空手道山犬)

第3位: 日下部 尚人 (世界総極真大石道場)

 

★男子重量級(+75kg)

優勝: 山口 翔大 (白蓮会館大阪狭山支部)

準優勝: 内藤 貴継 (白蓮会館佐賀唐津支部)

第3位: 多田 大祐 (白蓮会館東大阪南支部)

第3位: 亀山 大輔 (白蓮会館堺支部)

 

★女子軽中量級(-55kg)

優勝: 村瀬 二千華 (日本空手道男塾)

準優勝: 石野 まこと (桜塾)

第3位: 福徳 結実 ((社)極真会館東京都紅衛会道場)

第3位: 白石 綾 (世界総極真門馬道場)

 

★女子重量級(+55kg)

優勝: 亀山 彩花 (白蓮会館堺西支部)

準優勝: 民谷 虹晴 (白蓮会館東大阪東支部)

第3位: 小松 せえは (武奨館吉村道場)

第3位: 新田 華子 (極真会館浜井派)

 

 

昨年の結果

一般女子 軽中量級
優勝 根路銘涼海 白蓮会館
準優勝 沖美伶 誠會
3位 道越綾 白蓮会館
3位 渡日向 白蓮会館
一般女子 重量級
優勝 亀山彩花 白蓮会館
準優勝 馬渡純香 原道場
3位 久原沙姫 成心會
3位 勝田仁美 誠會
一般男子 軽量級
優勝 福地将人 白蓮会館
準優勝 奥野佑磨 白蓮会館
3位 宮田空 白蓮会館
3位 若原虎大 空手道山犬
一般男子 中量級
優勝 Asghar Jabari Bushido kaikan
準優勝 加埜日奈太 白蓮会館
3位 石嶺雄大 琉道会館
3位 森川琢也 天水
一般男子 重量級
優勝 山口翔大 白蓮会館
準優勝 北島悠悠 白蓮会館
3位 山下力也 道真会館
3位 Mehrdad Ramezani Bushido kaikan

 

 

男子軽量級のレポートはこちら

高校2年生、平木楓が強豪を連破し全日本初優勝の快挙達成【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

 

男子中量級のレポートはこちら

絶対王者・福地勇人が頭一つ飛び抜けた実力を見せ全日本5度目の優勝【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

男子重量級のレポートはこちら

山口翔大が内藤貴継との決勝戦を制し、5度目の全日本優勝。【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

女子軽中量級のレポートはこちら

 

大会前の見所はこちら

【トーナメント発表】絶対王者たちの再スタート。北島悠悠引退。平木楓が新たな歴史を作るか。【11月18日=2018 白蓮会館全日本大会】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-全日本, 注目大会, 白蓮会館

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ