全日本 清武会

郷心路が兄弟対決を制し、IBKOに続いての全日本タイトル獲得。無差別級は田中裕也が制す。【11月18日=2018 清武会全日本大会】

 

2018 清武会 第19 全日本ウエイト制空手道選手権大会」

開催日;2018年11月18日(日)

主 催;国際武道連盟 極真空手 清武會

会 場;神奈川県平塚市 トッケイセキュリティ平塚総合体育館

清武会ホームページ

 

第19回を迎える清武会全日本大会。男子3階級で行われた今大会。

 

軽量級(-65kg)

優勝: 郷 心路 (空手道無限勇進会)

準優勝: 郷 遼久 (空手道無限勇進会)

第3位: 小野 颯人 (空手道相模原鈴木道場)

第4位: 篠宮 城光 (清武会)

 

兄弟対決となった決勝戦。弟・心路が兄・遼久を下し、初優勝。IBKO全日本大会に続いての全日本大会戴冠となった。

 

中量級(-75kg)

優勝: 前田 康太 (実戦空手道武心塾)

準優勝: 大場 那緒太 (実戦空手大場道場)

第3位: 大出 晃 (武道空手 練)

第4位: 藤沢 賢一 (極真会館坂本派 秦野道場)

 

前田康太が極真連合ワールドカップ出場経験もあるベテラン・大場那緒太を決勝戦で下し、初優勝。

 

無差別級(+75kg)

優勝: 田中 裕也 (講士館)

準優勝: 稲森 優昂 (昭武館カラテ)

第3位: 石井 和人 (極真会館 小嶋道場)

第4位: 大内 巨成 (極真会館東京城西三和道場)

 

2017年第4回JFKO全日本大会中量級第3位、日本国際空手協会全日本大会優勝などの実績を持つ田中が成長著しい稲森優昂を決勝で下し、初優勝。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-全日本, 清武会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ