全日本 真正会

辻猛大が2連覇達成。 小西雅仁が平尾大智を決勝で下す。 長谷川正臣が石橋祐典を下し初優勝。【12月9日=2018 真正会全日本大会】

 

2018 真正会 第2回ウエイト制オープントーナメント全日本空手道選手権大会」

開催日;2018年12月9日(日)

主 催;全日本真正空手道連盟 真正会 本部

会 場;東和薬品ラクタブドーム

ホームページ

 

第2回を迎える真正会主催の全日本ウエイト制空手道選手権大会。9月30日開催予定だったが、台風21号の影響でまさかの延期となり開催された今大会。男子3階級、女子無差別級、マスターズ各クラスのトーナメントに加えジュニア選手の特別ワンマッチも開催された。

 

一般男子結果

軽量級(-70kg)

優勝: 辻 猛大 (真正会 全真会館 阿倍野本部)

準優勝: 津村 怜音 (真正会 本部)

第3位: 上村 康太 (真正会 上村道場)

 

昨年のトップ3全員が出場した唯一の階級である軽量級。昨年王者の辻猛大、準優勝の津村怜音と第3位の上村康太らによる優勝争いが予想された。

ベスト4に残ったのは上記3名と今井啓輔。昨年と全く同じ4名が顔を揃えることとなった。

準決勝では辻vs今井、津村vs上村という構図となった。決勝進出を目論む上村だったが、成長を続ける津村の前に敗れる。一方、全関東を制した今井と昨年王者の辻の対戦は、王者辻のうまさが光る結果となり、昨年と同じ決勝戦の組み合わせとなった。

勢いのある津村が辻にリベンジを果たすかに注目が集まったが、辻が間合いをうまくコントロールし連覇を達成した。

 

 

中量級(-80kg)

優勝: 小西 雅仁 (真正会 小西道場)

準優勝: 平尾 大智 (大心道場)

第3位: カラム・ブラック (真正会 鈴木道場 東京支部)

最も層の厚い階級となったのは男子中量級。昨年王者のカラム・ブラックの2連覇に注目が集まったが、正道会館全日本大会4連覇の実績を誇る小西が真正会全日本大会に初出場。また、こちらも正道会館全日本大会で優勝経験のある平尾大智、準優勝経験のある安藤壮一らの出場でハイレベルな展開が繰り広げられた。

準決勝ではカラムvs小西、平尾vs安藤という構図となった。延長戦にもつれるも、小西が昨年王者であるカラムをしっかりと下し決勝へと進出。一方、平尾は安藤を寄せ付けない高い技術を見せ完勝。注目の決勝戦となったが、小西が膝蹴りを中心にうまく攻め込み本戦決着での優勝を果たした。

 

重量級(+80kg)

優勝: 長谷川 正臣 (真正会 福永道場)

準優勝: 石橋 祐典 (真正会 心魂道場 南大阪本部)

第3位: ヨアン・アルベルト・プリド・ラモス (真正会 全真会館 阿倍野本部)

 

昨年王者の谷川聖哉が出場を見送る中、優勝候補と目されたのは昨年準優勝の長谷川正臣と第3位の石橋祐典。共に正道会館全日本ウエイト制大会中量級で優勝経験がある。

準決勝に残ったのは優勝候補の長谷川、石橋に加え、20歳の山崎択実と正道会館全日本大会入賞経験のあるヨアン・アルベルト・プリド・ラモスの4名。

長谷川と山崎の一戦は長谷川が山崎の勢いを殺し貫禄で勝利。一方、石橋とヨアンの対戦はヨアンの蹴り技に苦戦するも石橋が振り切り決勝進出。

昨年の準決勝の再現となった長谷川と石橋の決勝。試合は昨年同様接戦となり、再延長までもつれ込むも優勝にかける気迫を見せた長谷川が石橋を僅差で下し、初優勝を決めた。

 

一般女子結果

女子無差別級

優勝: 赤川 七帆 (真正会 心魂道場)

準優勝: 赤星 陽愛 (真正会 全真会館)

第3位: バリー・アイシャトゥ (真正会 鈴木道場)

優勝候補筆頭は赤川七帆。昨年の今大会女王であり、極真会館(松井派)の全日本ウエイト制大会でも優勝経験がある真正会女子の絶対エース。対抗馬として、注目されたのは高校生の赤星陽愛。JKJO全日本ジュニアで優勝するなど、各地の大会で活躍。赤星が赤川にどこまで迫ることができるかに注目が集まった。

準決勝に残ったのは、赤川、赤星に加え昨年準優勝のバリー・アイシャトゥと杉山着観の4名。

赤川と杉山の一戦は上段蹴りの競い合いとなったが勝負所を見極めた赤川が2年連続の決勝進出を決めた。一方、赤星とバリーの一戦は勢いのある赤星が長身のバリーを攻め立て決勝進出を決めた。

赤川と赤星の決勝戦となったが、接近戦を試みたい赤星の勢いを赤川がうまく間合いをコントロールして本戦で決着。連覇達成となった。

 

マスターズ結果

男子U39中量級(-75kg)

優勝: 松元 裕昭 (真正会 心魂道場)

 

男子U49中量級(-75kg)

優勝: 高松 宏典 (真正会 心魂道場 南大阪本部)

準優勝: 工藤 康弘 (鳳雛会 工藤道場)

第3位: 長富 要 (真正会 福永道場)

 

男子U49重量級(+75kg)

優勝: 佐々木 克仁 (真正会 大澤道場)

準優勝: 三上 知晃 (真正会 大澤道場)

第3位: 田中 規文 (真正会 郷田道場)

 

男子U59中量級(-75kg)

優勝: 佐藤 正彦 (真正会 大澤道場)

準優勝: 東田 真生 (真正会 鈴木道場 東京支部)

第3位: 田中 秀典 (真正会 秀勇館)

 

女子無差別級

優勝: 奥野 千亜紀 (真正会 泉州道場)

準優勝: 白石 あずさ (宮野道場)

第3位: 杉本 江美 (鳳雛会 工藤道場)

 

ワンマッチ

×伊藤 瑠哉(真正会 秀勇館) VS 竹並 楓(正援塾)

井上 遥功(真正会 全真会館 阿倍野本部)VS 福井 大陽(宮野道場 本部)×

住田 愛斗(真正会 心魂道場 南大阪本部) VS 塩見 勇翔(宮野道場 本部)×

×工藤 巧真(真正会 全真会館 阿倍野本部) VS 福盛 翔大 (宮野道場 生瀬支部)◯ 

村田 健悟(真正会 全真会館 阿倍野本部) VS 佐川 人成(極真会館 大阪東南支部)×

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-全日本, 真正会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ