KWF WFKO 注目大会

【WFKO世界プロ極真】福地勇人がレドンドを圧倒!!中量級最強を証明!【8・26千葉】

 

 

WFKO世界プロ極真

「WFKO世界ワンマッチ戦」

2018年8月26日(日)

千葉県・カンデオホテルズ千葉

▼第2試合(-75kg契約)2分5R

○福地 勇人(日本・白蓮会館/第1回JFKO国際選手権中量級優勝)

判定5-0 ※1R(15-12)、2R(16-10)、3R(20-11)、4R(16-10)、5R(15-9)

● ダニエル・レドンド(スペイン・IFK/2015年極真連合会ヨーロッパ選手権優勝)

 

モスクワに本部を置く世界極真格闘連盟(WFKO)は、毎年4~5回世界各地で各極真空手団体の優勝者クラスを集め、ワンマッチ形式で大会を開催。この大会は「極真というフルコンタクト空手」を世界的にハイレベルな種目として認知させるようにロシア政府・財閥の支援のもとで開催されており、ハイレベルな大会を目指すという意味で「プロフェッショナル極真」を提唱している。

そのWFKOが開催した今大会。

日本代表vs世界混合チームがテーマで、4階級4試合が行われた。秋元皓貴福地勇人宮原穣森田奈男樹という、日本を代表するにふさわしい選手たちが海外からの強豪とベルトを懸けて激突した。

第2試合には福地勇人が登場。今年は3月のKWFカラテグランプリでは軽重量級に出場し、一本勝ちを重ねて優勝、また5月のJFKO国際大会では前田優輝ら新極真会の中量級トップ選手を抑え男子他流派で唯一の優勝を遂げたことは記憶に新しい。昨年、木下毅顕(武心塾)とWFKO日本ワンマッチで2分5Rの戦いを経験しており、死角はないように思える。

 

一方、対するダニエル・レドンドは極真連合会の軽中量級を代表する選手であり、多くの国際大会で実績を重ねている。過去には木下毅顕(武心塾)とスペインでWFKOのワンマッチを戦い、勝利した経験もある。決して侮れない相手であると言える。

 

しかし、蓋を開けてみれば独特のステップから抜群のタイミングで中段突きをヒットさせ、ガードが下がったところに何度も上段膝、前蹴りをヒットさせた福地が終始圧倒。判定5−0で勝利した福地が中量級最強を証明した。

 

 

 

福地 勇人 Yuto Fukuchi


○日本
○所属;白蓮会館
○実績
・2017年 第4回全日本フルコンタクト空手道選手権大会 優勝(中量級)
・2018年 第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会 優勝(中量級)
・2012年 WKOカラテワールドカップ 優勝(軽量級)
・2016年 WKOカラテワールドカップ 優勝(中量級)
・2016年 KWF ユーラシアオープン 優勝(中量級)
・2018年 KWF カラテグランプリ 優勝(軽重量級)
・2012年 新極真会 第29回全日本ウエイト制空手道選手権大会 優勝(軽量級)
・2015年 極真連合会 第31回全日本ウエイト制空手道選手権大会 優勝(中量級)
など他入賞多数。

ダニエル・レドンド Daniel Redondo


○スペイン
○所属;IFK
○実績
・2010年 極真連合会 ヨーロッパ選手権 優勝
・2011年 ブリティッシュオープン 優勝
・2012年 KWU ヨーロッパ選手権 第3位
・2014年 極真連合会 ヨーロッパ選手権 優勝
・2014年 IFK ヨーロッパ選手権 優勝
・2015年 極真連合会 ヨーロッパ選手権 優勝
など他入賞多数。

 

 

 

 

大会の詳細はこちら!

【WFKO世界プロ極真】秋元皓貴、福地勇人、宮原穣、森田奈男樹が参戦!【8・26千葉】

【WFKO世界プロ極真】秋元皓貴がロシアの強豪を完封!!【8・26千葉】

【WFKO世界プロ極真】宮原穣が地元千葉で嬉しい勝利!スウェーデンの新鋭を抑える!【8・26千葉】

【WFKO世界プロ極真】森田奈男樹がロシア重量級最強のイシャヒネリを破る!!【8・26千葉】

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-KWF, WFKO, 注目大会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ