全日本 正道会館 注目大会

【正道会館全日本】小野寺天汰が苦戦しながらも初優勝!!下川惜しくも準優勝【9・2大阪】

 

 

国際正道-空手連盟FIKA 新日本空手道連盟 正道会館

「第37回全日本空手道選手権大会2018」

2018年9月2日(日)

大阪府・エディオンアリーナ大阪

▼決勝戦(一般男子中量級 75kg未満)本戦3分・延長2分・再延長2分(マスト)

○小野寺 天汰(聖武会館 桜台支部)

本戦 判定4-0 ※金的への攻撃で双方に注意1あり

● 下川 哲槻(晃哲會)

 

かつてカラテワールドカップやKー1を興し、空手界にセンセーショナルな流れを作った正道会館が主催する今大会。それらのイベント性の高い大会をプロデュースしていたのが石井和義館長であり、その石井館長がもう一度アマチュアの素晴らしさを見つめ直し、大人から子供まで空手を愛する全ての人たちが参加できるように正道会館の各支部長たちと協力し開催された。豪華な照明演出や伝統派空手を意識したような試合場、特製チャンピオンベルトの贈呈など、昨今行われているフルコンタクト空手の大会とは大きく変わった雰囲気で行われ大盛況に終わった。

 

 

一般男子の中量級には19名が参加した。昨年、優勝をした森洸稀(大誠館)が欠場となったが、多くの全日本・世界選手権を制し、中量級世界最強のひとりと見なされている小野寺天汰(聖武会館)が出場。昨年、準優勝の青谷秋未(正道会館 健明館)や春の正道会館全日本選抜大会優勝で過去に小野寺を破ったことのある町分元気(正道会館総本部)らがその小野寺を止めることができるかに注目が集まった。

 

 

2回戦から登場した小野寺であったが勝田晃司(誠會)に再延長まで粘られるなど苦戦を強いられ、いまいち本来の調子を掴めない様子。しかし、その後は順当に勝ち上がり決勝戦まで進出する。

 

一方、反対側のブロックを勝ち上がったのは下川哲槻(晃哲會)だった。今年、6月に開催された(社)極真会館主催の全日本ウエイト制大会では、決勝で惜しくも中島清貴に敗れたもののその実力は折り紙つきであり、今大会でもルールの違いに戸惑いながらも準決勝では村上祐太(岡村道場)から上段膝蹴りで一本勝ちをおさめ、決勝戦まで進んだ。

 

蹴りの小野寺、突きの下川といった対図となった決勝戦。膠着する場面が目立ったが、要所要所で多彩な蹴り技を見せ、印象をよくした小野寺が本線で勝利した。蹴り足をキャッチさせ反対側の足で上段を蹴るなど、観客がどよめくような技術を見せた小野寺がまた新たなタイトルを手にし、10月に出場予定の新極真会全日本選手権へ弾みをつけた。

 

 

トーナメントがこちら↓

大会結果

優勝 小野寺 天汰(聖武会館 桜台支部)※初優勝

準優勝 下川 哲槻(晃哲會)

第3位 村上 祐太(岡村道場)

第4位 町分 元気(正道会館 総本部)

 

 

 

 

 

 

大会の詳細はこちら!

【正道会館全日本】原田一晟が衝撃の4連続一本で優勝!!山田翔麻初の決勝進出!【9・2大阪】

【正道会館全日本】伊藤蓮が3連覇達成!!内藤貴継、正道制覇ならず!【9・2大阪】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-全日本, 正道会館, 注目大会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ