空手出身

【神童】那須川天心のルーツは?極真?新極真?新空手??グローブ空手?戦績は?堀口との違いは??

 

 

 

 

「神童」
「キックボクシング史上最高の天才」
「ライトニング・レフト」

などの異名を持ち、若干20歳にして現在の格闘技界をリードする那須川天心

彼のルーツが空手にあるということは有名な話あるが、どのような「空手道」を学び、どんな実績を残してきたのかというところに迫ります。

 

那須川天心とは?

 

名前;那須川 天心(なすかわ てんしん)

所属;TARGET / Cygames

生年月日;1998年8月18日

出身地;千葉県松戸市

身長;165センチ

獲得タイトル(プロ);第6代RISEバンタム級王座

BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015 優勝

ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座(2016年)

RIZIN KICK ワンナイトトーナメント2017 優勝

初代RISE世界フェザー級王座

「那須川 天心」の画像検索結果

 

5歳で空手を始める。道場は?

 

礼儀等を身につけて欲しいという理由で父親に連れていかれて空手を始める。

入門したのが「極真会館千葉北支部  五香道場」。

佐藤竜也師範のもとで極真空手(松井派)を始め、格闘技人生がスタートする。

 

千葉県大会6連覇を達成

 

2004年〜2009年 年長の時から小学5年までの間に出場した千葉県空手道選手権少年大会で6連覇を達成。

ちなみにこの大会では2016年に日本ボクシング史上初めて世界ユース選手権を制すなど、現在アマチュアボクシング界日本最高傑作の呼び声高い堤駿斗選手も優勝しています(学年は一つ下)。

 

こちらは当時のライバル、南原健太選手との全日本での貴重な対戦動画。

(※南原健太。17歳、史上最年少での極真世界大会日本代表選出)

 

2009年 国際青少年空手道選手権大会10歳男子-40kgで優勝

 

松井派の少年部の最高峰の大会といえば、「国際青少年空手道選手権大会」であり、海外からも選手が参加し、約100名ほどのトーナメントを一日で戦います。

その最高峰の大会で2009年に優勝。

 

2010年 第21回全日本新空手道選手権大会 K-4小学5年生部で優勝

 

新空手の大会に雄飛會所属で出場し見事優勝。決勝戦の相手は泉魁斗選手(第4回JFKO全日本大会軽重量級準優勝)。

 

※新空手についての詳細はこちらを参照ください

【K-2? K-3? K-4?】那須川天心と武尊が同じ舞台にいた!意外な有名選手も多数輩出!新空手って何??K-4?ルールは?【空手・団体概要】

 

2011年 カラテドリームカップに出場。第3位に終わる。

 

新極真会のジュニア最高峰の大会である「ドリームカップ」に豊会館所属として出場。第3位に終わる。

 

試合当日の那須川選手のブログがこちら

 

まとめ

 

所属経歴がこちら

「極真会館千葉北支部  五香道場」

→「雄飛會」

→「豊会館」

→「TEAM TEPPEN」

→「TARGET」

→「TARGET / Cygames」

→「TEPPENGYM / Evolve」????

 

 

【K-2? K-3? K-4?】那須川天心と武尊が同じ舞台にいた!意外な有名選手も多数輩出!新空手って何??K-4?ルールは?【空手・団体概要】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-空手出身

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ