JKJO 注目大会

【JKJO男子】寺崎昇龍が佐藤豪海を下しJKJO軽量級悲願の初制覇。佐藤は2年連続で決勝で涙を呑む。【10.8 千葉】

 

 

 

 

「第10回 JKJO 全日本空手道選手権大会」

開催日;2018年10月8日(月・祝)
主 催;一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会
会 場;幕張メッセ・幕張イベントホール
後 援;JKJO全日本空手審判機構

 

JKJO(=全日本空手審判機構)が主催する「第10回 JKJO 全日本空手道選手権大会」が幕張メッセにて開催された。

例年、全日本ジュニアと全日本選手権(一般部対象)は2日間に分けて行われてきたが、今年は同日開催で行われることとなった。

ジュニアに比べると少数ながら、JFKO全日本フルコンタクト大会などでも上位入賞を果たす選手を輩出してきた今大会。今大会をきっかけに世界へ羽ばたく選手が現れることであろう。また、同日開催ということもあり、少年少女たちにとっては素手素足で行われる全日本選手権の迫力に空手の本当の魅力を感じることができるいい機会となったはずだ。

 

 

一般男子

軽量級寺崎が優勝候補筆頭。大野、速水、佐藤らがストップできるかに注目が集まった。

 

 

17名の参加となった軽量級。昨年王者の秋元皓貴が出場を見送る中、注目されたのはやはり寺崎昇龍。第4回JFKO全日本大会では準優勝、今年行われた第1回JFKO国際大会では第3位に入賞するなど、強烈な突きとバランスの取れた組手でコンスタントに勝ち上がっている。JKJO全日本選手権では未だ優勝経験がないため、今年こそは頂点を掴みたいところだ。

寺崎は順当に勝ち上がり、準決勝ではKWF国際大会などで上位入賞経験がある大野篤貴を下しての決勝進出。

一方、反対ブロックを勝ち上がったのは佐藤豪海だった。優勝候補の一人と目されており、昨年のこの大会では決勝で秋元に敗れるも準優勝を飾っている。未だ高校生ながら、倒せる技をいくつも持っており、成長著しい選手である。

KWF国際大会で今年3位に入賞した速水大輝との準決勝が予想されたが、伏兵・吉村伊吹との準決勝となった。しかし、ここをしっかりとクリアした佐藤が寺崎の待つ決勝戦へと勝ち進んだ。

突きの寺崎、足技の佐藤という対図となったが、寺崎が貫禄をみせ初優勝となった。

 

一般男子軽量級

優勝 寺崎 昇龍 士衛塾石川 ※初優勝

準優勝 佐藤 豪海 芦原会館西山道場

第3位 大野 篤貴 空手道無限勇進会

第3位 吉村 伊吹 至道会館

 

 

 

【徹底考察!】これを読めば優勝確実!?JKJOってなに??ルールは?歴史は??【空手・団体概要】

 

【2018年版!徹底考察!空手甲子園】JKJO全日本ジュニアに出る方法まとめ【空手・団体概要】

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-JKJO, 注目大会

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ