JKJO 全日本

【JKJO男子】苦労人・石野源太郎が嬉しい初優勝。初のビッグタイトル獲得。【10.8 千葉】

 

 

「第10回 JKJO 全日本空手道選手権大会」

開催日;2018年10月8日(月・祝)
主 催;一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会
会 場;幕張メッセ・幕張イベントホール
後 援;JKJO全日本空手審判機構

 

JKJO(=全日本空手審判機構)が主催する「第10回 JKJO 全日本空手道選手権大会」が幕張メッセにて開催される。

例年、全日本ジュニアと全日本選手権(一般部対象)は2日間に分けて行われてきたが、今年は同日開催で行われることとなった。

ジュニアに比べると少数ながら、JFKO全日本フルコンタクト大会などでも上位入賞を果たす選手を輩出してきた今大会。今大会をきっかけに世界へ羽ばたく選手が現れることであろう。また、同日開催ということもあり、少年少女たちにとっては素手素足で行われる全日本選手権の迫力に空手の本当の魅力を感じることができるいい機会となるはずだ。

 

 

一般男子

中量級渡邊黒田の2人が軸。若手、中堅、ベテランが入り乱れる激戦区に。

 

一般男子中量級(−75kg)

優勝 石野 源太郎 桜塾 ※初優勝

準優勝 渡邊 将士 武立会館

第3位 久保田 波輝 久保田道場

第3位 大場 健吾 空手道無限勇進会

 

15名の参加となった中量級。昨年2階級制覇を達成した山田伊寿実が出場を見送る中、軸となるのは昨年準優勝の渡邊将士黒田徹の2人だろう。

渡邊はJIKAの全日本選手権を5度制した実績のあるベテラン。熟練した組手と得意の内回し蹴りは対戦相手にとって脅威である。渡邊は今大会でも安定した組手で、勝ち進み、準決勝では昨年3位の久保田波輝を下しての決勝進出となった。

一方、今年行われたKWF国際大会で準優勝、先日ロシアで行われたヨーロッパ大会でも準優勝に輝くなど、着実に力をつけている黒田徹だったが、2回戦で大場健吾に敗れる。波乱のトーナメントが予想された中、決勝に進んだのは石野源太郎だった。

同じく足技を得意とする両者の決勝戦。ベテランの渡邊を下した石野が嬉しい初優勝。移籍後初のビッグタイトル獲得となった。

 

【JKJO男子】寺崎昇龍が佐藤豪海を下しJKJO軽量級悲願の初制覇。佐藤は2年連続で決勝で涙を呑む。【10.8 千葉】

 

【JKJO女子】昨年準優勝の高校生・成田麗が嬉しい初優勝。【10.8 千葉】

 

【徹底考察!】これを読めば優勝確実!?JKJOってなに??ルールは?歴史は??【空手・団体概要】

 

【2018年版!徹底考察!空手甲子園】JKJO全日本ジュニアに出る方法まとめ【空手・団体概要】

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-JKJO, 全日本

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ