JKJO ジュニア大会 全日本

【JKJO中学男子】規格外の怪物中学生、野田勇気がJKJO全日本4連覇達成【10.8 千葉】

 

「第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」

2018年10月8日(月・祝)

千葉・幕張メッセ

 

ジュニア空手国内最高峰の大会、JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会が10月8日(月・祝)に幕張メッセ(千葉県)で開催された。全国各地の厳しい予選を勝ち抜いた精鋭たちによる年に一度の大舞台。この大会を目標に掲げるジュニア選手は多く、今年も数多くのドラマが生まれた。

 

 

 

中学男子結果

中学1年男子42kg未満 濱 太樹(滋賀県)

 

 

優勝:濱 太樹(滋賀県)※初優勝

準優勝:土田 翔生(石川県)

第三位:植松 右京(大阪府)

藤原 司(大阪府)

ベスト8:

宮之原 昌哉(神奈川県)

石澤 歩武(北海道)

澤津 秀亮 (広島県)

由井 嶺海(長野県)

 

中学1年男子52kg未満 木田 彪吾(三重県)

 

 

優勝:木田 彪吾(三重県)※初優勝

準優勝:小此内 捺芽(石川県)

第三位:田中 基貴(神奈川県)

田中 梗介(三重県)

ベスト8:

飯尾 梨頭夢(静岡県)

藤江 礼(福岡県)

橋本 楓汰(三重県)

村尾 彪龍(岐阜県)

 

 

中学1年男子52kg以上 野田 勇気(愛知県)

 

 

優勝:野田 勇気(愛知県)※四連覇達成(4度目の優勝。第9回・第10回・第11回)

準優勝:有村 洸輝(大阪府)

第三位:小島 覇央(福岡県)

坂井 翔太(愛知県)

ベスト8:

清水 怜央(神奈川県)

池山 京太郎(京都府)

佐藤 吏(北海道)

中山 睦稀(愛知県)

 

中学2〜3年男子47kg未満 三家 龍之介(滋賀県)

 

 

優勝:三家 龍之介(滋賀県)※初優勝

準優勝:松本 天志(石川県)

第三位:石川 笑心太(三重県)

岩永 勝亮(岐阜県)

ベスト8:

今村 竜貴(石川県)

平川 翔大(神奈川県)

田中 大翔(愛知県)

本郷 海琉(宮城県)

 

中学2〜3年男子57kg未満 髙橋 大空(静岡県)

 

 

優勝:髙橋 大空(静岡県)※第8回大会以来2度目

準優勝:村田 健悟(大阪府)

第三位:奥村 爽史(石川県)

安井 颯一(愛知県)

ベスト8:

鈴木 択実(愛知県)

小川 翔央(三重県)

堤 響羽(北海道)

眞鍋 貫太朗(岡山県)

 

 

 

中学2〜3年男子57kg以上 優勝:河合 透吾(北海道)

 

 

優勝:河合 透吾(北海道)※初優勝

準優勝:平山 慶(大阪府)

第三位:花岡 拓海(神奈川県)

小寺 啓(兵庫県)

ベスト8:

原田 柊希(熊本県)

森口 魁斗(富山県)

八代 泰一(宮崎県)

熱田 拓(千葉県)

 

【徹底考察!】これを読めば優勝確実!?JKJOってなに??ルールは?歴史は??【空手・団体概要】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカラテイチバン.comをフォローしよう!

-JKJO, ジュニア大会, 全日本

JKJO2018

広告募集

イチバン道場

極真空手、世界の最先端!空手で海外目指すならKWF極真会館!(田中道場,ビクトリーカラテスクール,小宮道場,無限勇進会,中山道場)

人気記事トップ10

Facebook

アーカイブ